FC2ブログ
ホーム > カテゴリー - 71 NISSAN GLORIA

 修理で 帰還中の 和田君タテグロ

一通り、作業完了。

DSC00886.jpg

 今回 修理は  POPドア開かない、  ドアハンドル リンケージが 外れ。

マフラーの 排気漏れ、 クランプ止めの部分が ズレるから、 溶接。

左リアタイヤが フェンダーに摺る、  デフと、リーフを固定する Uボルト下を ヒットした跡があり、
デフが 左側にずれて よってました。  ズレを戻して、 スペーサー交換。


DSC00881.jpg

 明日 エンジンオイル交換 済ませたら、  完了。


22日の 火曜日、 CROSS FIVEには 旧車會、 族車コーナーに エントリー。


 





[ 2009/09/19 03:32 ] 71 NISSAN GLORIA | トラックバック(-) | コメント(-)

九 州

 和田君の タテグロ、 修理で 帰還中


ポップドア作動不良、  マフラー排気漏れ、  など 


ポップドア修理は 完了、 マフラーは ジョイント部分が 現在 クランプ止めですが、 
要溶接。  時間とれ次第、 やります。

DSC00834.jpg

 DAICHI & MASATO は、 今日から 九州。

ACE 、 GETTO、 JUNK TRAP & HOT RIDESなどの 御馳走三昧コース。 


羨ましい、、、  沢山 刺激 受けて 帰ってくるコトでしょう


 コッチは、残った メンバーで 仕事てんてこ舞い。 忙しくて 時間アリマセン。

和田君、 月曜で マフラー以外は 終わるから モチット待っててネ


[ 2009/09/13 00:37 ] 71 NISSAN GLORIA | トラックバック(-) | コメント(-)

アプリコットフレーク

 
 和田君の タテグロ登場。


今日は、サイドミラーの 取付と、 室内に充満する ガソリン臭の 原因調査。

DSC06581_convert_20090502001639.jpgDSC06582_convert_20090502001700.jpg

 機関系は 絶好調だそう。 

しかし、ガス満にした時 室内が ガソリン臭くなり 子供が乗ると 吐いてしまうそう・・・・。

和田君の推測では ニオイは 前方から来る気がするとのコト。 キャブ車なので 多少は仕方ない。

 エンジンルームと、室内がつながる ファイヤーウォールに、無駄な 穴が無いか 探します。
エンジンルーム側に 照明を点灯し、室内から 明かりが見えないか 探検。
穴は見当たらず、 配線や ロットなどを通す 穴にも 明かりを通すほどの隙間は 見当たりません。

DSC05819.jpg

 タテグロは トランクルームと、リアシートの間に ガスタンクがあるので トランクを開けてみると
チョッと、ガソリン臭い、、、。 というコトは やっぱ後ろからかな・・・。

タンクに接続するホース、バンドは 全て新品、漏れやニジミも アリマセン。

残るのは センダー (残量センサー) の 取付口の パッキン。
以前、タンク内の 清掃をしたときに 外してます。 再利用に 問題ないと 判断して
組んだようですが、念の為 外して点検。 大きなOリングですが 特に 問題なし。

 他には、ニオイが 漏れるトコが 構造上ないので センダー取付口を 
コーキング処理し、完全密封。  コレで 改善されるか 様子を見るコトに。

DSC06583_convert_20090502001818.jpg

 サイドミラーは 今まで ドライバーズサイド のみでした。
しかし、奥様も 運転するので 逆側にも ミラーを 取付するコトに なりました

先日の SCNの時、 N坂さんに 譲ってもらった YANKEE ミラー。 箱付NOS。

和田君に 大切にと 託しました。 タンスの 肥やしにするよりもと 取付を 決断。
 
DSC06585_convert_20090502001857.jpgDSC06584_convert_20090502001837.jpg

 よく考え 相談しながら、位置だし 取付。  

サッシや トリムに 挟むだけの 簡単な 取付タイプですが、 当然しっくりこないので
位置を決めたら ピッタリくるよう 加工し、しっかり ボルト止め。 
ドライバーズサイドも、 納車前に 同様に 取付しました。


 ボディの 磨きも少し 解ってきたので、今度 このクルマの TOPも 磨きたいと オモイマス。

十分 キレイですが、 やれば もっと良くなるコトが解ると そのままには 出来ない 性分。 
近いうち チャレンジしましょう。



 アメリカに オーダーしていた、 あひるマスタングの WHEEL、、、、。
イヨイヨ アメリカを出発し、 豚インフルエンザを 添付し、 5日に 到着します。 チョー楽しみ!

 
 明日は、みんなで クルーズ & ピクニック!          みなさまも 良い 休日を。




[ 2009/05/03 15:44 ] 71 NISSAN GLORIA | トラックバック(-) | コメント(-)

復  活 !

解決しました タテグロ。
早く直って 良かった。

今日も散々 燃料タンク振ったら、ゴミが出た? イエイエ 散々振りましたが 出ませんでした。

では、燃料ポンプ? イエイエ 絶好調

ではでは、予感通り ドツボ?  イエイエ そうは させません。


辿り着いた 原因は コレ 

DSC05825_convert_20090220002636.jpg

燃料給油口のキャップの奥の隅っこにある、小さなパイプ。
このパイプは 下側でホースに接続し、燃料タンク上面へ。 

何のライン?

燃料タンクが 呼吸をする為の、給排気口の役目をしている ラインです。


最近の車は、燃料キャップ自体に 穴が開いており、そこから呼吸してますが、
タテグロの燃料キャップは、穴が開いてない 「 ハメ込み式 完全密閉タイプ 」
キャップに呼吸機能がないので、別にラインを 設けてあるワケです。

タンクは、内部のガソリンが気化して、膨張したガスを逃がしたり
ポンプで、燃料を吸い続け、タンク内に負圧が立たたないように
空気を吸い込む必要があり、密閉ではなく、給排気口が存在します。


今回の燃料が来なくなる原因は、給油口の横のパイプにゴミが詰まってた為
ポンプで吸い続けると 吸気できないタンクは、内部に負圧がたってしまい
真空状態になって ガソリンが出てこなくなる。

紙パックのジュースを、ストローでイッキに飲むと出ずらいのや
プッチンプリンが、底にある爪を折らないと出てこないのと 同じ原理です。

燃料ホースを外して、タンクに向かって息を吹き込むと解消し、
しばらく乗ると、また再発するのも ナルホドです

パイプの中に、パテの粉や、ホコリなどが溜まって 詰まり気味。
フューエルリッドは、カギ穴をシェイブの為 板金や PAINT中も
ずっと外した ままで、ゴミが入らない様に 養生も してませんでした。 反省。

DSC05830_convert_20090220002933.jpg

先日、キャブから デスビに ガスが回ったのは、燃料タンク内に負圧がたち、
燃料が出づらくなってるのに気付かず、元々燃圧が低いのかと 勘違い。

その為 燃圧調整用のレギュレターを 全開にしており、負圧が立ち気味の時は
全開でも ちょうど良い燃圧だけど、負圧が立ってない時は 全開だと燃圧が高くなり過ぎる。 
その時、キャブが オーバーフロー。

詰まったパイプを掃除してからは、負圧も立たなくなり、燃圧も安定。

デスビ不調の度に、6番シリンダーのプラグのかぶりが ヒドかったのは
キャブがオーバーフローすると溢れ出るセカンダリーの下に、6番の
インテークが位置してる為、そこにだけオーバーフローしたガスが流れ込んでたから。

エンジンオイルには、オーバーフローしたガスが回り、1Lも増えてました。
オイル交換し、しばらく試運転。 調子もイイので オーナー和田君の家まで約60km
高速走行テスト兼ねて 走り 問題なし。そのまま 納車となりました。


トラブル続きで、和田君が トラウマにならないよう 祈るばかり。

これからも、しっかりサポートしますので ヨロシクです

[ 2009/02/20 03:30 ] 71 NISSAN GLORIA | トラックバック(-) | コメント(-)

里 帰 り

今日は 嬉しくない クルマが里帰り
まだ、納車したばかりの タテグロ。 早すぎる 御帰還。


先日、和田君が運転中 信号待ちで エンジンストール。
スターターを回しても エンジンかからず。 プラグかぶってて、清掃し復旧。
納車したてで 和田君も慎重に乗ってるので、乗り方の問題ではないでしょう

翌日のクルージング中に、またもや ストール。
原因は デスビのバキュームホースに キャブからガスが回り デスビ不調
フルトラ式に交換してたから良かったけど、ポイント式だったら ・・・ 恐ろしい

前日のプラグのかぶりの原因も、このデスビ不調が原因と思われ
処置後、100km以上 走行してても 症状再発なし。これで一安心

DSC05818.jpg

と、思ってたのも つかの間
和田君より、またもや エンジン不調との連絡


今度は、ストールしないけど 吹けが悪く、燃料がほとんど来てないとのコト

中の見える燃料フィルター付けてるけど、吹けなくなった時は、ガスが来てないらしい

構造は 燃料タンク → フィルター → 燃料ポンプ → キャブ 。

フィルターのIN側のホースを外して、燃料タンク側へ向けてホースを 吹くと
その後はちゃんとガスが来るようになる。その後、しばらく乗ってると 再発する。

DSC05819.jpg

ということは、燃料タンクの中にゴミがいて、負圧でタンク出口に付着して
燃料供給をSTOP?負圧がなくなると離れ、タンク内を浮遊?

たまに症状が出るというので、ダイチが引取りに行き、
様子を見ながら走ってくるも いたって調子がイイらしい

タンク内のガソリンの量にも関係するのか、とりあえずタンク内の点検と、清掃へ


まずは タンクを外し、給油口と、センダー取付口から 内部を 確認。

恐れていた錆は 全く出てなくて スゴクきれい。 まず一安心。
続いて、出口をふさぐ ゴミ探し。

DSC05820.jpg

ドレンの穴からだと、大きいゴミだった場合は出てこないし
ゴミが側壁や、仕切り板に付着してたり 隠れてる場合も多く、見つけづらい。

なので  「必殺 逆さの刑!」

水を満タンに入れて 一気に口のデカイ、給油口から出す。
出した水を容器で受け、ゴミがいないか 探す。
ガソリンでも溶けない 大きなゴミが出れば 当たり。  しかし・・・

何度やっても 出てきません。 満タンのタンクは60kg。
満タンの 燃料タンク相手に バックブリーカーや パイルドライバー連発!
近所のヒトに怪しい目で見られ、恥ずかしい。 しかも 明日は筋肉痛 必至。

タンク内部は ガソリンが暴れないように 仕切り板が沢山。
なので センダー取付用の穴から水を入れ、内部を循環させながら 給油口から排出。

やっぱ出ません。 いるのかゴミ!! 多分いないね ・・・

じゃあ燃料ポンプ?USED HOLLY あやしい?一時的に駄目になるって聞かないし


引き続き、明日やります。 


ナンカ似てる。 ブレーキの時と。嫌な予感してます。 
このまま迷宮入りし、再びドツボ?

そうは させません!和田君 待っててね



[ 2009/02/19 03:10 ] 71 NISSAN GLORIA | トラックバック(-) | コメント(-)