ホーム > 68 CHEVY IMPALA WAGON > 68 WAGON

68 WAGON

 68 IMPALA


エンジン 乗せ換え中


先日、 降ろす際に  エンジン マウント が

ぶち切れてる こと が  解りまして


マウント 到着 待ち



P7045318.jpg




右 も  ずる剥け




P7045320.jpg




左 も  ズル剥け




P7045321.jpg


きれいに  左右とも 

ぶち切れ まして



P7045316.jpg


ホントは  こんなの。


真ん中に  サンドイッチ されてる  ゴムで  

エンジン側と フレーム側 の  ブラケットが

つながっているので


マウント と、 防振の 役割を  果たしている 

ワケですが


remember64jp-img600x450-1158738158dsc06391-1.jpg


ゴムが  切れて、  切り離されてしまい、、、

そうなると  マウント としても、  防振の 役割も  せずに

連結 されている、 ミッションの  マウント の お陰で 

固定 されてる 状態、、、 



ちゃんと  固定 されてないんで、 エンジンの 振動を  抑えられず   

ひたすら  ” ぶるん ぶるん ” と

巨乳並の 動きを  していた ようで

 

P7045319.jpg



よく こんな 状態で、   80 mile も   90 mile も

出してたなぁ と   恐くなります。



が、、、、、  巨乳が  大好き なので


” ゴムのり ” 


塗って、  組み戻します






[ 2011/07/07 04:45 ] 68 CHEVY IMPALA WAGON | トラックバック(-) | コメント(-)