日曜日は  台風で  ピクニクス が

中止に なりまして


ならば と、 グランド スウェル を   求めて

カトゥオちゃん と  茨城へ
 

P5294992.jpg


前日の 夕方に、 1 ラウンド  入ってきた  カトゥオちゃん。


かなり 波 良かったそうで、  

「 明日も  おかわり に  行くっす 」


と 言うので  便乗 させてもらいました

 

 こういちろう を  振り切り、  カトゥオちゃん との  待ち合わせ場所へ  


そして、 テルゾウの 愛車  ” ぬ号 ” に  便乗 させてもらい

カトゥオちゃん 行き着けの、   鹿島  平井ポイントへ。



P5294997.jpg


 この ポイントも、  震災当日に  津波が  押し寄せた  場所。


海岸線から  1km以上  内地側の 建物にも、  水が 来た跡が 残り、  

地震で  歪んだ 建物、 道路、 地割れ や  段差も  まだまだ  残っています


海岸線には、  沢山の  瓦礫が  流れ着いていて

大勢の 地元の 方達が、 ゴミ広い活動  していました。


P5294993.jpg


解ってはいましたが、  そんなトコに、  波乗り  という  自己満足に 行く事、  

申し訳なく 感じます。 


先に やるべき事や、 出きることを   やってから  行くべき と  思います。


先日、 震災前に  宮城の  海沿い に  引っ越した  友人から

「 しばらくの 間、 海岸線は  半端じゃない 数の   死体だらけ だった。

 子供が それから、  海を 見なく なった。  みんなが  海を  嫌いに  なった 」 


と、 聞きました。


P5294996.jpg


ローカル サーファー達も、  みんな  ボランティア 優先で

海には  入ってないと  聞きました。


と、 いうか  海を  見たくも  無いそうです。。。。
 

現地に 着いて、 余計に  やるせなく なりました。

海に 入ってる  人も 少なく、  皆 ビジター。


僕等も  1ラウンドで   速攻で  上がりまして

逃げるように  帰路に  着きました


P5294994.jpg


地元の 方や、 被災者の  方達の  気持ちを  察して

波乗り は  控えるべき かも  知れません。


被災して、 頑張っている 方達に  比べたら   申し訳 無くなりますが

僕らなりにも  頑張っている中で、    疲れること  も、  へこたれる 事も

心が  病むことも  ありまして、、、、


そういう 時には、   海で  心を 洗い流してきた  人間達なので

今でも  海 と、 波乗りは   必要です

 
P5294995.jpg


体に 溜まった  膿を  出し、  リフレッシュ した  心で

また 明日から、  頑張ります。


鹿島の 海に   感謝を し

頑張っている 方々に、 敬意を 表し

僕らも  3倍返し  で   頑張ります



KEEP   REAL!!

KEEP  SURF!!!






 
[ 2011/05/31 04:20 ] LIFE STYLE | トラックバック(-) | コメント(-)