ホーム > LIFE STYLE > よ ろ ち く び

よ ろ ち く び


 先ほど 仕事で  お邪魔した先で、  お得意さま達と  

震災の 話、  チャリテイーの 話  してました。


既に 被災地へ 行き、 重機の  オペレーターとして  奮闘 されてきた方も いて

年間の  受けても良い  放射能量を  速攻で 超えてしまい、 

現地で 作業が  出来なくなったので、  こちらに  戻ったそうです。


P3304779.jpg


聞けば、 放射線の 影響から、  被爆防止で  1人が 可能な 作業時間は  

たった 15分、、、、  


体への 影響の 無い、  限界 ギリギリ の  15分 で、  

みんなで  交代を  繰り返してた そうです。

今も、 後発で 行ってる 方達が   頑張っているそうです


東京に 戻って、  病院で  被爆具合の  検査 したそうです。


どうだったのか、、、、、

どれだけ  原発に  近かったのか、、、、、

どれだけ 恐かったか、、、、、  


それは それは  過酷な 環境だった そうで、  そんなトコで  頑張ってきた人に

そんな事を  聞く理由が  見当たらないので

ご苦労様でした、、、、 としか  言えませんでした。

 
P3314783.jpg


 江戸っ子で  見た目も、  中身も  ヤクザ な  人達ですが、  

チャリティーの  話 したら


「 コレぐらいしか  ねぇけどよ、  持ってけよ 」
  

と、 現場事務所に  あったモノを  提供してくれました。



ありがたく  お預かりし、

「 大切に  使わせて 頂きます 」 と、  丁重に 御礼を  言ったら

「 おめぇらが  使うんじゃ ねぇぞ 」

と、  失敬な コト  言ってやがるので

また 来週、 ナニか せがみに  行こうと 思います


P3314784.jpg


イベントには  来れないけど、  

物資 提供してくれる 方々も  いらっしゃるので

預かった 「 好意 」 を  いれておく 


 ” 支援物資 入れる 箱 ”


超 適当ですが  作りましたので、  FIT 入口に  置かせて 頂きます。


遊びに 来る人で、 なんか  持ってくる  気の利いた 人は

ぶっこんでって ください。


遠方の方で  「 気持ち 」  送ってくれる 人

責任 持って  保管、 お届け  しますので  

あふれんばかりに  どしどし   よろちくびーむ 



 
[ 2011/04/01 00:00 ] LIFE STYLE | トラックバック(-) | コメント(-)