ホーム > 59 CHEVY EL-CAMINO * 725 ELCO > 725 ELCO

725 ELCO


 725 ELCO


ブレーキ 不具合の  原因調査


以前は  4輪 引きずりましたが、  今回は  リアだけ なので、  

パーキングブレーキ 系統を  疑うも  異常なし。


ブレーキ 踏んだり  してるうちに、  また  解除 されました、、、、

じわじわ と 緩んでいくのではなく、  ガコっと  一気に  解除される。


PB283845.jpg


構造から 考えると、 マスターシリンダーの  作動不良が  濃そう、、、 


念の為、  ライニングの 張りを  緩めて   

熱膨張 しても  引きずらないようにして   試運転に 行き

それでも 症状が 出れば、  マスターシリンダーを  調べることに。



で、 案の定  ブレーキ  使いまくってると   すぐ 症状でたので

ガレージに 戻って、  マスターシリンダー   取り外し。


すると、 リアの ラインの  ブレーキパイプを  外そうと したら

ライン内に  残圧が  残っていました。

 
PB283848.jpg


と、 いうコトは  リアの ライン内の  オイルが  マスターに  

戻ろうと しているのに、  マスター側に 何らかの  原因が あって    戻れない。 


で、  圧が 残ったまま なので  ブレーキ 踏んだまま と  同じ  状態。

それでは、 引きずる ハズ。


まずは  原因は、  マスターシリンダーに   あった事が   判明。


さっそく 分解して、 マスターの中の  何が悪いのか  突き止めたいと  思います。


ピストンを  取り出して  点検。


うーん、 見た限り  異常なし。

ピストン 組んで、 動かして見ても    動きには 異常は  なさそう。


マスターの  ピストン作動不良 だと  思ったのに、  謎は  深まるばかり、、、、


しかし、 リア側の  ポートが   オイルは  出ては いくけど  

戻ろうとすると  戻らない。
   

なぜだろう、、、 チェックバルブ が  入ってて  壊れてるんでしょうか?


PB293849.jpg


ドラムブレーキの マスターシリンダーには  前後の ラインの 

ポート口に  チェックバルブが  入っています。

目的は  出て行く時は 良いのですが、  ペダルを 放して    オイルが

マスター内に  戻る際、  チェックバルブで  絞りを いれて   油量を  調整します 


そうすることで、  オイルが  一気に 戻らないようにして  残圧を 残し

ブレーキペダルを 放したあとに、 すぐに  また踏んでも  クイックに  効く様に、

また ホイールシリンダーの 動きを 滑らかにし  シールの 損傷を 防ぐ  目的が  あります。


しかし、 今回  組んだ   マスターは  DISC ブレーキ用 なので

チェックバルブは  入っていません。


後付けで  ラインの 途中に

 ” RESIDUAL CHECK VALVE ”

を  組み、  残圧を  立てますが  

そちらこは 問題なく   マスターの 入り口で  止まってる。  


PB293858.jpg


で、 分解してて  気になったのが   ” マスターシリンダー内の  ゴミ ”


新品マスターで、  オイルも 交換したので  キレイな ハズですが

” 細かい 砂 ” の  ような ゴミが  けっこう  入ってました。


ゴミは、 鋳物製の  マスターシリンダーの  オイルを 入れておく 部屋の

鋳肌が  ボロボロ と  剥がれたモノ  の ようでした
 
  
マスターには、 オイルを 入れる 部屋と

ピストンの  動く 部屋が あり、  それぞれが  小さな 穴で  つながっています。


その穴に ゴミが  詰まって、  オイルが  戻れずに  ライン内に  圧が 残る? 


では、 そのゴミを  よく掃除し  詰まってるなら  ソイツを  取り除けば   復旧するはず。


しかし、 エアーで  散々 掃除する   戻らないのは  変わらない、、、

ナゼだ?  原因不明の まま、   徹夜して  もう 夕方、、、、    エナジー切れ、、、、


持ち帰って、  引き続き  FIT で  検証します



[ 2010/12/03 01:57 ] 59 CHEVY EL-CAMINO * 725 ELCO | トラックバック(-) | コメント(-)