FC2ブログ
ホーム > 36 FORD *BLUE ECHO* > 1936 FORD "BLUE ECHO"

1936 FORD "BLUE ECHO"



 1936 FORD "BLUE ECHO"


1940 CADILLAC LA SALLE や

1955 HANDYMAN に乗っていた


hyjsrysry (2)


滋賀県のS田くんから、「 欲しいクルマを

アメリカで見つけたので、輸入してください」 


と、S田君から依頼があり、1936年のFORDという


hyjsrysry (1)


90年近く前のクルマがアメリカから到着し、

予備検査も終わって、フィットに到着


乗り出す前に、一通り点検&整備と


jfjryじゅりゅry


ダメなところが見つかれば、そこを

処置しておいてと頼まれまして


リフトで上げて、下廻りもチェックしていき


tyせちぇty9ry (12)


点検していくと、色々な小さな問題点が

出てきますが、全部こちらで直すと


かなり費用がかさんでしまうので


tyせちぇty9ry (23)


2人目が産まれて間もなく、絶賛子育て中の

S田くんは、ロードサービス会社勤務だったり


普段、エアコンの修理もやってたりと 


tyせちぇty9ry (3)


仕事柄、電装系の知識もがあるそうで、


エアコンの取り付けや、電装系の修理や

調査も出来てしまうそうなので


tyせちぇty9ry (4)


みつかった不具合箇所を伝えていき


その中でS田くんが自分で出来る作業は

自身でやってもらうようにして


tyせちぇty9ry (5)


掛かる整備費用を節約しつつ、休日に

自分や仲間とクルマを触って楽しんでね


と、見つかった不具合箇所を伝えたら


tyせちぇty9ry (6)


「 エアコンの点検は自分でやります 」

「 リレーの組み換えも自分でやります ]


「 サイドガラス交換も自分でやります 」


tyせちぇty9ry (7)


と、大抵の作業はS田くんが出来るそうで


フィットでやっておくべき作業を

全速前進で進めていきます


tyせちぇty9ry (10)


マフラーとブレーキのマスターシリンダーと

プロポーションバルブがとても近くて


熱害が出るのは必至と思われるので


tyせちぇty9ry (8)


ブレーキ系統付近は、マフラーの

引き直しが必要となりまして


マスターシリンダーと離したいのですが


tyせちぇty9ry (9)


フレームのメンバーにある、マフラーを

通す穴の位置だと、あまり離れないので


メンバーの穴をマフラー1本分、横にずらし 


tyせちぇty9ry (28)


開け直したら、マフラーのフロントパイプを

内側に振ってマスターシリンダーから離したら


穴を広げたままだと、メンバーの強度が


tyせちぇty9ry (19)


落ちて心配なので、穴を広げてパイプを

内側に移動し、外側の余った部分は


同じ厚みの鉄板を貼って、埋戻しまして



tyせちぇty9ry (18)


マスターシリンダーから離れるよう

マフラーパイプを内側に寄せた分


マフラーのリアセクションと位置がズレて


tyせちぇty9ry (27)


合わなくなるので、ベンドパイプを組み合わせ

オフセットさせたパイプに変更しまして


費用も最小限になるよう、対策されまして


tyせちぇty9ry (26)


次はプロポーションバルブの移設と

ブレーキパイプの変更に進みます


FUNK  STA  4  LIFE !!!!!!!!!


[ 2023/08/04 08:21 ] 36 FORD *BLUE ECHO* | トラックバック(-) | コメント(-)