FC2ブログ
ホーム > 48 CHEVY FLEETMASTER CONV > 1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE

1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE



 1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE


74年前のクルマですが、快適仕様へ

アップデートする作業を進めてまして


gsfhsjwrywryet (1d4) (36)


トランクの上のヒンジが付く部分、

” キャットウォーク ” の修復に進みまして


一見、問題のない綺麗な状態に見えましたが


gsfhsjwrywryet (1d4) (39)


キャットウォークと、クォーターパネルを

合わせて接合してある付近が、


それぞれの高さが合っていないので


gsfhsjwrywryet (1d4) (40)


塗装とパテを剥がして、状況を確認したら


シボレーの工場で、新車を製造したときに

プレス技術の精度が原因なのか 


gsfhsjwrywryet (1d4) (38)


接合部分に大きな隙間や段差があり

それをはんだで埋めてありまして


確認するのに塗装とパテを剥がして見たら


gsfhsjwrywryet (1d4) (37)


トランクヒンジが付いていた下にも

水が溜まるのか、腐食で浸食が進み


左右とも虫食い状態になっていたり


202301131814032fcq.jpg


トランクウェザーを取り付ける溝の内側も

同様に腐食していたようですが


構造が複雑で、直すのが難儀なので


20230113181345b5b1.jpg


上から鉄板を貼って、蓋をしてある

痕跡が出てきてしまいました、、、、、


きちんと修復するため、はんだを剥がして


wewrtetrwerw (11)


pooppppopoppo (3)


キャットウォーク部分を摘出しまして


キャットウォークはリアボディの左右を

渡して、剛性をだす重要な部分なので


wewrtetrwerw (4)


wewrtetrwerw (5)


強度も建付けもしっかり修復していきます


新車で製造した時以来、分解することが

なかったところなので、キャットウォークを


wewrtetrwerw (3)


wewrtetrwerw (7)


摘出して中が見えるようになった部分は


接合面の隙間から水が入ってしまい

錆びが一面に出ているので


wewrtetrwerw (6)


錆を落として、鉄板の浸食具合を確認


出ていた錆は、表面的な薄錆びで

鉄板も強度も、まだ大丈夫なので


pooppppopoppo (2)


錆を落として綺麗にして、キャットウォークを

再生後に、再び組み戻していきますが


新車で作るときに、スポット溶接の位置や数が


pooppppopoppo (4)





ランダムで、こんなに不要という数だったので


スポット溶接を剥がすのに揉んだ穴のうち

不要な穴は、埋めていくことにして


pooppppopoppo (5)


pooppppopoppo (6)


不要な穴のサイズと数を特定し、


穴のサイズに鉄板を切り出して

ひとつひとつ、溶接して穴を埋めていき


pooppppopoppo (7)


穴の全周を溶接して一体化したあと


溶接の熱歪みを直して、溶接跡も

綺麗に仕上げていきまして


pooppppopoppo (8)


pooppppopoppo (9)


リアトレー部分のボディ側にあった

不要な穴埋めを終えたら


次はキャットウォークの修復に進みます


[ 2023/01/20 01:55 ] 48 CHEVY FLEETMASTER CONV | トラックバック(-) | コメント(-)