FC2ブログ
ホーム > DAKOTA DIGITAL GAUGE > DAKOTA DIGITAL 1966 LINCOLN

DAKOTA DIGITAL 1966 LINCOLN



 先週は沖縄に出張作業に行ってまして


沖縄に納車させていただいたクルマに

不具合が発生しているので 


IMfhjjkG_6481 (1)


それの状況確認と処置対応に行き


現地で修理が不可能なら、クルマを

FITに輸送して修理する判断へ


IMfhjjkG_6481 (2)


色々とカスタムが施されている車は、


組んだ人でないと何が正しくてどうなっていると

不具合なのか、判断しづらいので


IMfhjjkG_6481 (13)


現地の車屋さんにお願いして、診てもらうのは現実的でなく、

自分達が行って、しっかり確認、対応するべき。


大丈夫だと思って納めた後に不具合が出たのを


IMfhjjkG_6481 (3)


実際に自分達の目で確認し、原因の解明と

それを今後の加工や整備に生かさないと


これからも同じトラブルはなくならないハズ


IMfhjjkG_6481 (6)


自分達が良かれと思って行ったことが

良くない結果を引き起こすという事実を見て


より良いクルマにしていくためには、納車後に

サポートを続けていくのは必須です


IMfhjjkG_6481 (7)


聞いている不具合の状況から、可能性のある原因と


いつも作業している環境と違って、設備がなく

手荷物で持っていける工具や計測器にも


IMfhjjkG_6481 (20)k


限界があるので、それらの限られた環境下で

どうやって点検し、判断、対処するのが良いのか


それぞれの点検や作業に必要になる工具、


IMfhjjkG_6481 (4)


装備、部品などを洗い出して準備したら、


台風の影響を受けなそうな日程を組んで

早朝の飛行機に乗り込み、沖縄に飛んで


IMfhjjkG_6481 (18)


Y澤さんのガレージにお邪魔させて頂きまして


先日、FITにクルマを戻して、1966 LINCOLNを

整備して納車させて頂きましたが


IMfhjjkG_6481 (17)


取り付けしたダコダデジタルのゲージに

製造不備があったことが発覚し、、、、


新しいゲージが到着したので、交換と


IMfhjjkG_6481 (7)


小さなベルトが鳴く音が出ていたので


ファンベルトやエアコンベルト、それらの

テンショナーやプーリー類を取り寄せし


IMfhjjkG_6481 (8)


交換作業にお邪魔させて頂きまして


ゲージはスピードメーターの針が

本来のものよりも長いものが組まれており


IMfhjjkG_6481 (9)


55マイルに到達すると、針が長過ぎて


ゲージの上側に当たって、それ以上

進みませんの刑になっていたので


IMfhjjkG_6481 (14)


ダコタデジタル社にゲージの写真を送って

クレームを伝えて、新しいゲージが到着


下の新品のゲージの方が針が短いのが解ります


IMfhjjkG_6481 (15)


傷を付けないように養生をして、ダッシュを

外してゲージを丸ごと交換したら


ベルトやプーリー類の交換も終えて、試運転へ


IMfhjjkG_6481 (16)


全てのゲージが正しく作動することを確認し

ゲージと消耗品の交換を終えたら


助手席のドアハンドルの化粧キャップが


IMfhjjkG_6481 (19)k


以前は付いていましたが、無くなっていたので

NOSを取り寄せして持参したので取り付け。


他の部品やビスも緩んだり、無くなっていないか点検し


IMfhjjkG_6481 (10)


緩んでいたところには緩み止めを塗って締め直し、

ビスが無くなっていたところには、取り付け


他にも気温や湿度が高い沖縄だからなのか


rtwrtrywetywu (26)


rtwrtrywetywu (27)


リレーの作動不良が起きる事例が

これまで何度かあったので


使用頻度や負荷が大きい電動ファンの


IMfhjjkG_6481 (12)


リレーなどは、念の為、新品に交換しておき

1966 LINCOLNの作業は終了


次は1963 C10とウィニーの作業に進みます

[ 2022/09/18 11:22 ] DAKOTA DIGITAL GAUGE | トラックバック(-) | コメント(-)