FC2ブログ
ホーム > 59 CHEVY APACHE *アパ太郎 > 1959 APACHE

1959 APACHE



 I原さんの 1959 アパッチ、” アパ太郎 ”

車検と整備でお預かりしまして


入庫に合わせて、カスタムも少々進めていきます


08D34AE2-DF71-4708-96BB-6EB905376A6ll7 (16)


I原さんは車検で預ける際に、気になる点を

リストアップしてきてくれるので


その項目の点検と原因調査に合わせて


08D34AE2-DF71-4708-96BB-6EB905376A6ll7 (10)


他に異常や不具合が出ていないか


スラムドするクルマ特有の、摩耗や痛みが

早い部分などの整備も進めていきます


08D34AE2-DF71-4708-96BB-6EB905376A6ll7 (8)


クルマを預かったら、点検や整備の前に


まずは自分達でアパ太郎を運転して

試運転に出掛け、不具合や異音を調査


08D34AE2-DF71-4708-96BB-6EB905376A6ll7 (9)


ステアリングに遊びが大きいと感じたので点検したら、

ギアボックスのマウント部分のブッシュが玉砕


ステアリングを操作すると、ギアボックスも動いてしまい


08D34AE2-DF71-4708-96BB-6EB905376A6ll7 (7)


遊びになっていたので、ブッシュを交換しようと思ったら


両側のブーツもゴムが劣化し破けていたので

これだと車検が通らないので要交換


08D34AE2-DF71-4708-96BB-6EB905376A6ll7 (6)


I原さんから駐車場に停めてると、1週間で数滴

下にオイルが垂れた跡ができるので


点検をと言われて原因が、ギアボックスの


08D34AE2-DF71-4708-96BB-6EB905376A6ll7 (5)


シャフトの軸シールからの漏れと発覚し

ギアボックスは要オーバーホール行き


パワステオイルを抜いたら鉄粉だらけなので


08D34AE2-DF71-4708-96BB-6EB905376A6ll7 (15)


ギアボックス内部の摩耗も進んでいるようなので


オーバーホールしていると時間も掛かるし

費用も新品を買うのと変わらないのと


08D34AE2-DF71-4708-96BB-6EB905376A6ll7 (1)


内部の摩耗はオーバーホールしても

直らない可能性が高いので


在庫であった新品のギアボックスに交換し


08D34AE2-DF71-4708-96BB-6EB905376A6ll7 (21)


交換できない構造のブーツに穴が開いていた

タイロッドエンドも左右とも交換


アッパーアームのブッシュも傷んできてたので


08D34AE2-DF71-4708-96BB-6EB905376A6ll7 (19)


左右ともブッシュ交換してリフレッシュしまして


ロワーアームのボールジョイントのナット部分に

高さを調整するためのカラーが入っていますが


08D34AE2-DF71-4708-96BB-6EB905376A6ll7 (13)


片側がナゼか潰れたり、回ったりして変型しており

テーパーが効いていない状態に。。。。。


反対側も若干潰れているので、交換しますが


08D34AE2-DF71-4708-96BB-6EB905376A6ll7 (14)


FATMANのMUSTANGⅡキットに入っている

カラーはアルミ製で、強度がないので


再発しないよう、旋盤で同じサイズで鉄製の


08D34AE2-DF71-4708-96BB-6EB905376A6ll7 (20)


カラーを作って対策して組み付けしまして


エンジンマウントが片側ちぎれかかってたので

念のため、両側とも新品に交換しまして


08D34AE2-DF71-4708-96BB-6EB905376A6ll7 (17)


ミッションマウントはちぎれてませんでしたが


こちらも車両製作後、一度も交換していないので

そろそろ変えてもいい頃かなと、念のため新品へ


08D34AE2-DF71-4708-96BB-6EB905376A6ll7 (18)


フロントブレーキは、キャリパーのスライドピン周りに

ブレーキダストが付着して動きが悪くなり


引きずり気味だったので、分解してピンのシール交換と


08D34AE2-DF71-4708-96BB-6EB905376A6ll7 (2)


よく清掃、整備しておき、リアブレーキの点検へ


リアはドラムブレーキなので、毎年分解して

整備、調整をしていますが、今回点検してたら


08D34AE2-DF71-4708-96BB-6EB905376A6ll7 (3)


ホイールシリンダーが左右とも滲みがあったので

新品に交換し、ブレーキオイルも交換


ホイールシリンダーはよく点検していないと


08D34AE2-DF71-4708-96BB-6EB905376A6ll7 (25)


走行中にすこっと抜けて、ブレーキが効かなくなって

走れなくなるので、気を付けないとですね


オートマフルード、フィルターも車両製作後に


08D34AE2-DF71-4708-96BB-6EB905376A6ll7 (24)


まだ一度も変えてなかったので、交換し


デフのピ二オンシールからオイル漏れがあったので

シールを交換し、デフオイルも交換しまして


08D34AE2-DF71-4708-96BB-6EB905376A6ll7 (4)


1年くらい前から、I原さんから信号待ちで

停車中にエンジンがぶるぶるするときがある


と、聞きましたが、点検する時にいつも症状が出ず


08D34AE2-DF71-4708-96BB-6EB905376A6ll7 (11)


原因を特定できていなかったので、これまで

幾つかのセンサーを交換して様子を見てまして


絞られてきた中で、O2センサー不良が疑わしいと


08D34AE2-DF71-4708-96BB-6EB905376A6ll7 (12)


今回、O2センサーを新品に交換して様子見へ


1959アパッチは、リアタイヤの後ろまで被る

インナーフェンダーがない構造なので


7B927DC5-EF29-4E04-88AA-7DAF741513CAk (29)


雨の日の走行中に、タイヤが掻き上げた水が

後ろに掛かったり、小石などを巻き上げないよう


インナーフェンダーの変わりに、泥除けフラップを


7B927DC5-EF29-4E04-88AA-7DAF741513CAk (30)


付けてありましたが、それもゴムで劣化してきたので

新品の泥除けフラップに交換しまして


他にも沢山整備を進めていき、次はゲージ交換に進みます


VIVA! I原さん & VIVA! S庭道場 !!!!!!!




[ 2022/04/10 09:05 ] 59 CHEVY APACHE *アパ太郎 | トラックバック(-) | コメント(-)