FC2ブログ
ホーム > 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE > 1956 BELAIR CONVERTIBLE

1956 BELAIR CONVERTIBLE



 T江さんの 1956 BELAIR CONV

プロジェクト 進めてまして


ホットロッドショー前の作業を終えて


hjhfkjktukekey (1)


最終チェックと、ディスプレーに使う

スタンドや小物の準備を進めてまして


56コンバーのLSに合わせてカスタムした


hjhfkjktukekey (13)


エンジンカバーも、塗装作業を終えて


ボディ同色にペイントして、フィンの中はブラック、

フィンとシボレーのスプリクト部分は


hjhfkjktukekey (14)


塗装をせずに、アルミ地で仕上げられ

エンジンに装着されまして


ファイヤーウォール、インナーフェンダー、


hjhfkjktukekey (15)


フード裏はボディと同じカラーで塗装し


ブレーキのマスターシリンダーに、

エンジンの補機類、マスフローハウジング、


hjhfkjktukekey (16)


ラジエターやコアサポートはポリッシュで、


フードヒンジやインマニ、スロットルボディは

ブラックというコーディネートで仕上げたので


hjhfkjktukekey (17)


エンジンカバーをどう仕上げるかは


それらを組み上げたディテイールを見て

バランスを考慮しながら決めた配色で


hjhfkjktukekey (18)


塗り上がったエンジンカバーを組んだら


とてもマッチしているので、デザイン、配色とも

良い選択だったと思います


hjhfkjktukekey (11)


ビレットホイールは、くすみづらいように

ファンクルーズさんにお願いして


ガラスコーティングしてもらいまして


hjhfkjktukekey (12)


クロームばりの輝きになって戻ってきまして


ホワイトウォールの保護剤が掃除しづらい

VOUGEタイヤですが、真っ白にしていただき


hjhfkjktukekey (4)


掃除だけでも大変な作業だったと

思いますので、ありがたい限りです


今年のホットロッドショーの展示は


hjhfkjktukekey (5)


クルマがフレームやボディの裏まで、

綺麗に仕上がってるので


クルマを持ち上げて、下回りも見えるような


hjhfkjktukekey (6)


hjhfkjktukekey (7)


展示方法にすることになったので

デイスプレー用のスタンドも製作


ブースに敷くカーペットに馴染むように


hjhfkjktukekey (8)


周りは黒の生地を貼って仕上げまして


生地を貼っても、スタンドの見える部分は

艶消しの黒に塗装しましたら


hjhfkjktukekey (9)


実際にクルマを載せて、ショーでのディスプレーの

仕方の確認とリハーサルを行いまして


下回りはスポットライトで照らそうと思ってましたが


hjhfkjktukekey (10)


スポットライトの照らし方では暗くて

見づらいことが発覚しり、LEDに変更しまして


照明の設置場所や、クルマの下に敷くミラーは


hjhfkjktukekey (2)


どう配置すると、ショー当日にブースの外から

見る方々が見易いようになるか検証し


ショー搬入日にどうセットアップするか決めまして


hjhfkjktukekey (3)


搬入時に照明を変更したくても間に合いませんし、


短い時間でミスなく、しっかりディスプレーするには

ショー前のリハーサルはとても大切です


VIVA! S庭道場! VIVA! T江さん!!!!!!




[ 2021/12/04 04:52 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE | トラックバック(-) | コメント(-)