FC2ブログ
ホーム > 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE > 1956 BELAIR CONVERTIBLE

1956 BELAIR CONVERTIBLE



 T江さんの 1956 BELAIR CONV

プロジェクト 進めてまして


LSエンジンのイグニッションコイルと


202110300dfdfeg70630fc0 (d19) (1)


フューエルレール、インジェクターをカバーする 

カスタムエンジンカバー製作を進めてまして


これまで切りっ放しの平らな板だった前側は


202110300dfdfeg70630fc0 (21)


立体的なカバーの形状になりまして


アルミの鋳物製という、製造の特性上

フィンの通りがヨレヨレしているので


202110300dfdfeg70630fc0 (22)


カンナ掛けの要領で、やすりで整えて

ビシっと通りをだしていきまして


フィンの端部分は、側面まで巻いた形状ですが


202110300dfdfeg70630fc0 (23)


ビレットホイールやビレットフロントランナーなど

ハイテックな雰囲気なパーツ達に合わせて


フィンの端は側面まで巻かず、ピン角に成形


202110300dfdfeg70630fc0 (25)


202110300dfdfeg70630fc0 (24)


そうすることで、古い時代のパーツという

イメージがあるフィンドバルブカバーも


現代的な仕上がりになり、よりビシッとしまして


202110300dfdfeg70630fc0 (40)


202110300dfdfeg70630fc0 (41)


エンジンカバーの後ろ側の足りない部分を延長、

取付ボルト穴を皿ビス用からナベ頭用に変更、


前側を丸めたカバー形状へのカスタムが完了


202110300dfdfeg70630fc0 (d19) (10)


202110300dfdfeg70630fc0 (d19) (11)


次はカバーを塗装して仕上げるので面出しと、

かっこよくペイントしていきます


VIVA! S庭道場! VIVA! T江さん!!!!!!



[ 2021/11/20 05:05 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE | トラックバック(-) | コメント(-)