FC2ブログ
ホーム > 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE > 1956 BELAIR CONVERTIBLE

1956 BELAIR CONVERTIBLE



 T江さんの 1956 BELAIR CONV

プロジェクト 進めてまして


所沢のブラスト屋さんでサンドブラストしたのち 


202110300dfdfeg70630fc0 (8)


三協ラジエーターさんで耐熱性が高い

セラミックコーティングを施してもらい


戻ってきたマフラーの組み付け作業がはじまり


202110300dfdfeg70630fc0 (9)


サンダーソンのエキマニスタイルヘダースの

フランジ部分にダイレクトに取り付けできる


レデューサーパイプを製作して


202110300dfdfeg70630fc0 (30)


202110300dfdfeg70630fc0 (29)


スワップしたLSエンジンは、純正コンピューターを使い

一部書き換えて制御していくので、


O2センサーはきちんと2個取り付けされまして


202110300dfdfeg70630fc0 (31)


エキマニの出口が左右バンクで位置が違うので、


デュアルマフラーといえども、左右の

位置や取り回しが違ってしまいますが


202110300dfdfeg70630fc0 (32)


202110300dfdfeg70630fc0 (34)


取り回す形状、タイコの位置、パイプの曲がり、

各部とフレームとのクリアランスなど、


左右でピタリと同じになるよう製作されまして


202110300dfdfeg70630fc0 (36)


202110300dfdfeg70630fc0 (37)


レデューサー、フロントパイプのジョイントは

フランジを使っていますが、


センターからリアセクションは差し込みタイプで


202110300dfdfeg70630fc0 (33)


ステンレス製のジョイント部分は、バンドを

ポリッシュして、ピカピカに仕上げまして


フロントパイプの後ろにマグナフローのタイコ、


202110300dfdfeg70630fc0 (35)


リアパイプにグラスパックタイプが設置され


エンド部分にはマフラーチップを差し込んで

取り付けたら、ビス止めする構造で


202110300dfdfeg70630fc0 (38)


202110300dfdfeg70630fc0 (39)


チップの交換も簡単にできる作りなので

後々のメンテナンス性も良さそうです


同じくシルバーに塗装したペラシャフトも


202110300dfdfeg70630fc0 (28)


組み付けを終えまして、セラミックコーティングした

マフラーの組み付けを完了しまして


燃料、ブレーキ、ATクーラーラインも完成してるので


202110300dfdfeg70630fc0 (27)


それぞれのラインのリークテストをしたら

いよいよ、エンジン始動。楽しみです


VIVA! S庭道場! VIVA! T江さん!!!!!!




[ 2021/11/13 05:29 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE | トラックバック(-) | コメント(-)