FC2ブログ
ホーム > 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE > 1956 BELAIR CONVERTIBLE

1956 BELAIR CONVERTIBLE



 T江さんの 1956 BELAIR CONV

プロジェクト 進めてまして


先日、アライメント調整を行った際に


yw4y34y26254 (1)


スウェイバーの加工を行った作業を

まだ書けていなかったので


そちらを追記させて頂きたいと思います


sくぇfrうぇrq (10)


ステアリングを右に切ると、末切りの寸前で

ラックアンドピニオンのシャフトと


スタビリンクが干渉してしまうことが発覚し、


fgafdbdzvc (13)


左ハンドル用のギアボックスの切れ角の

問題によるものと思われますが


末切り手前で、それ以上は切れないように


yw4y34y26254 (14)


強制的に動きを止める、ストッパーが

付いているクルマも多いですが


車高によっては機能しない場合もあるので


yw4y34y26254 (13)


根本的に干渉しない構造に変更する事となり


スウェイバーのアームを、リンクから離れる

形状に加工し、リンクと接続する部分は


yw4y34y26254 (15)


リンク自体の構造を変更しつつ、


取り付け位置も、これまでよりも奥に

オフセットするよう、雌ねじ部分を移設


CEM-34421-2.jpg


どこに組めばスウェイバー、リンクがつっぱらず、  

正しいストロークで動くのか、なおかつ


末切りまでいってもギアボックスと干渉しないか


yw4y34y26254 (2)


検証して導き出した結果に合わせて


リンクはこれまでは両端がピロボールの

構造だったものを、片側をYボーン構造に変更


yw4y34y26254 (4)


yw4y34y26254 (5)


T江さんの1956 ベルエアコンバーのように


フロントサスペンションがコイルオーバーだと

ロワーアーム内側にスペースがあるので


yw4y34y26254 (6)


yw4y34y26254 (7)


リンクのスウェイバーの接続部分の支点に


負荷が掛かりづらい、Yボーン形状の

2点支持構造で取り付ける事ができます


yw4y34y26254 (8)


yw4y34y26254 (9)


設計した寸法に合わせて、ステンレス材を

切り出して、寸法を合わせて曲げたり


取り付け穴のネジ穴を作って、溶接していき


yw4y34y26254 (10)


ピロのエンド、Yボーンの接続は強度のある

クロモリボルトを使って接続し、


長さも調整できる構造で作られまして


yw4y34y26254 (12)


どの車高でも正しく機能し、左右どちらも


末切りまで操作しても干渉もない

スウェイバー構造になりました


VIVA! S庭道場! VIVA! T江さん!!!!!!




[ 2021/11/02 05:46 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE | トラックバック(-) | コメント(-)