FC2ブログ
ホーム > 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE > 1956 BELAIR CONVERTIBLE

1956 BELAIR CONVERTIBLE



 T江さんの 1956 BELAIR CONV

プロジェクト 進めてまして


室内の組み立てと、内装材の取り付け中


dfzsgfhsfdgj (2)


LS3エンジン、6速オートマを搭載し

マフラーも太く取り回すので


ビビり音や共振が起こらないよう


dfzsgfhsfdgj (1)


カーペットやシートを取り付けする前に

フロアに遮音、断熱処理を施していきます


カーペットの裏に、断熱用の生地が付いていますが


dfzsgfhsfdgj (5)


dfzsgfhsfdgj (3)


カーペットを敷かない、シートの下の部分なども


高い遮音、断熱効果を得られるように

スリーボンド製のブチルシートを敷いたら


dfzsgfhsfdgj (4)


dfzsgfhsfdgj (7)


リプロ品のカーペットを敷いていきまして


フロントシートのシートレールを取り付ける

位置を合わせて、カーペットに穴を開けたら


dfzsgfhsfdgj (10)


シートレールより外側のドアまでの部分の

カーペットも貼っていきまして


カーペットはドアシルプレートでおさえますが


dfzsgfhsfdgj (11)


ドアシルプレートは、乗り降りする際に

ボディに傷が付かないようにするのと


縁切りの化粧プレートとしての役割りで


dfzsgfhsfdgj (12)


dfzsgfhsfdgj (13)


ベルクロを取り付けてあげることで、


カーペット単体でも、正しい位置に

固定できるように改良して取り付け。


dfzsgfhsfdgj (6)


カーペットの施工が終わり、カーペットを

施工した状態のフロア形状が決まったので


キックパネルの取り付けに進みまして


dfzsgfhsfdgj (16)


dfzsgfhsfdgj (17)


キックパネルは、スピーカーを埋め込める

56ベルエア用の社外品を用意しましたが


素材がプラスチックなので、内装に合わせて


dfzsgfhsfdgj (14)


dfzsgfhsfdgj (15)


黒いレザーを張ってから、取り付けとなりまして


キックパネルは、カーペットを敷いたフロアと

ドア淵のレールで挟み込んで固定するので


dfzsgfhsfdgj (22)


dfzsgfhsfdgj (23)


ドアの開口部分に玉縁を取り付けて


カーペットを敷いた後でないと、位置や

形の確認が出来ず、いざ合わせていくと


dfzsgfhsfdgj (18)


dfzsgfhsfdgj (19)


建付けの悪い部分や、浮いたり、

隙間が出来てしまう部分が出てくるので


ぴったり合う形状にキックパネルの形状を


dfzsgfhsfdgj (20)


dfzsgfhsfdgj (21)


手直ししていきまして、形が合ったら


パネルの表面にウレタンを張っていき

取り付けビスの部分は、ウレタンを張ると


dfzsgfhsfdgj (24)


dfzsgfhsfdgj (27)


ビスで固定すると、ウレタンが押されて沈み

表面のレザーにシワが出来てしまうので


ビス部分を避けるような形状にシェイプしまして


dfzsgfhsfdgj (25)


dfzsgfhsfdgj (26)


ウレタンを張ったうえから、レザーを張っていきます


レザーにシワが出来ないよう、引っ張りながら

張り進めていき、キックパネルの仕上げが完了


thgtehwhwr (4)


キックパネルにスピーカーも取り付けし


この先の作業中に、スピーカーグリルに

傷を付けてしまわないよう、養生したら


thgtehwhwr (3)


thgtehwhwr (1)


キックパネルの取り付けも完了しまして


フロア、ボディの形状にぴったり合う形状で

フィッティングもバッチリです


VIVA! S庭道場! VIVA! T江さん!!!!!!



[ 2021/10/01 05:42 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE | トラックバック(-) | コメント(-)