FC2ブログ
ホーム > 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE > 1956 BELAIR CONVERTIBLE

1956 BELAIR CONVERTIBLE



 T江さんの 1956 BELAIR CONV

プロジェクト 進めてまして


幌骨の組み立てと調整を進めまして


hdghsfghsfgs (9)


コンバーチブルトップ ウェザーストリップは

新品を用意してありますが


そのまま組んでも、サイドガラスとの 


hdghsfghsfgs (2)


建付け、フィッティングがイマイチで


部分的に隙間が出来たり、ピッタリ

こない部分が出来てしまうので


hdghsfghsfgs (3)


hdghsfghsfgs (4)


それでは隙間風や雨漏りしてしまうので


よりピタピタの建付けになるように成型し、

当たり部分にエプトシーラーを追加しまして


hdghsfghsfgs (6)


幌骨は、油圧シリンダーで開閉するので


新しい油圧ポンプとシリンダー、配管、

スイッチを取付したら、作動油を入れて


hdghsfghsfgs (8)


よくエア抜きをして、油漏れのチェック。


コンバーチブルトップ シリンダーは

単動シリンダーなので、開閉操作だけでは


hdghsfghsfgs (7)


シリンダーと配管内のエアが抜けず

左右の動きに誤差が出てしまうので


よくよくエア抜き作業を行いましたら


hdghsfghsfgs (15)


次はコンバーチブルトップを張る作業へ


コンバーチブルトップは折り畳んで

段ボールに入った状態で届くので 


hdghsfghsfgs (5)


折り畳んだ跡や、シワが出来ているので


作業する2週間前くらいから、広いところで

生地を広げてシワをとっておきまして


hdghsfghsfgs (10)


リアのスクリーン部分は、左右位置を合わせて

幌骨にタッカーで固定していきますが


クルマに対して、左右位置はどうにでも付いてしまうので 


hdghsfghsfgs (12)


スクリーンのセンター位置を、クルマの真ん中に

合っているのを確認できるように


レーザーを使って、スクリーンのセンター出しと


hdghsfghsfgs (11)


クルマのセンター、幌骨のセンターを確認して

マーキングしてマーキングしていき、


それに合わせて固定し、ドセンターを出したら


hdghsfghsfgs (14)


第一段階でスクリーン部分をタッカーで固定し

数回に分けて、シワをとっていきます


続いて、ショルダー部分の生地に進みまして


hdghsfghsfgs (13)


ショルダー部分は2重構造になるので、


下層部分の生地を幌骨にビスと

タッカーで固定していきまして


hdghsfghsjfgs (17)


次はスクリーン部分のシワ取りをしながら

中央部分の施工に進みます


VIVA! S庭道場! VIVA! T江さん!!!!!!


[ 2021/08/05 01:48 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE | トラックバック(-) | コメント(-)