FC2ブログ
ホーム > DAKOTA DIGITAL GAUGE > DAKOTA DIGITAL 1959 CADILLAC HDX

DAKOTA DIGITAL 1959 CADILLAC HDX



 1959 CADILLAC DEVILLE


オリジナルのゲージを、ダコタデジタルで

アップデートしたいと御依頼いただきまして


180203_1959_cadillac_20d (3)


ダコタデジタルでは、CADILLACは63年以降は

VHXがリリースされていますが


1959用は製造、ラインナップがないので


180203_1959_cadillac_20d (1)


オリジナルのゲージをダコタデジタルに届けて

今回もオートクチュールでカスタムしてもらうことに


希望の内容が、「文字盤を白、針や文字をピンクに」


180203_1959_cadillac_20d (6)


との事で、VHXだと文字盤は白を選べますが


針や文字は、モジュールの都合上、赤か青、

白の3色しか選べませんので


180203_1959_cadillac_20d (7)


ピンクだけでも3色選べて、全30色から

切り替えできるHDXで製作していくことに


通常だと、ここからデザインや配列、フォント、


03-22-21-016-1024x683.jpg


表示単位などを細かくオーナーさん、ダコタデジタルで

打ち合わせして決めていきますが


ちょうど先日、ROADSTER SHOPのプレジェクトカーで 


Bartone-60-Caddy-041-1024x683.jpg


ダコタデジタルが 1959-60 CADILLAC用の

カスタムHDXを製作したそうなので


それと今回作りたい内容がほぼ一致しているので


180203_1959_cadillac_20d (9)


ROADSTER SHOPに作ったゲージと同じ内容で


文字盤はブラックではなく、ホワイトに変更という

リクエストでオーダーし、製作してもらうことになり


180203_1959_cadillac_20d (8)


デザインや検証、設計という過程を省けたので、

みんなの時間も費用も圧縮できまして


文字盤のホワイトは、ホワイトと言っても


180203_1959_cadillac_20d (11)


純白から黄ばみがかったホワイトまで様々で、

希望の色味と合わなかったら困ります、、、


内装はホワイトの生地を使って張るそうなので


180203_1959_cadillac_20d (10)


実際に使う生地と、周囲の塗装の写真や、

黄ばんだ白との比較写真も送ってもらい


それらも全部、ダコタデジタルに届けて製作がスタート

完成が楽しみです!


[ 2021/06/01 05:16 ] DAKOTA DIGITAL GAUGE | トラックバック(-) | コメント(-)