FC2ブログ
ホーム > 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE > 1956 BELAIR CONVERTIBLE

1956 BELAIR CONVERTIBLE



 T江さんの 1956 BELAIR CONV、

プロジェクト 進めてまして


アメリカで凹みを修理しポリッシュを終えてあった、


いptyぴおついおty (4)


オリジナルのレストア済モール類がついてるので

綺麗でビシッとしてて、問題ありませんが


ショーカーレベルに仕上げ直しを進めてまして


いptyぴおついおty (5)


ステンレスのモール類は、レストア済なりに光っていますが


そこからさらにバフを掛けて、鏡面レベルまで

仕上げていく作業を全モールで進行中


いptyぴおついおty (6)


レストア済といえども、作業した人や


予算によって、どこまで綺麗に仕上げるか

レベルが全然変わってくるので


いptyぴおついおty (7)


いptyぴおついおty (14)


ショークォリティーなどのレベルで

しっかり仕上げてある場合は


買ってきて、そのまま使えるかもしれませんが 


いptyぴおついおty (13)


いptyぴおついおty (12)


レストア済というだけだと、ショーカーには

そのまま使えない場合も多いと思います


今回も、ポリッシュのレベルがそれなりなので


いptyぴおついおty (15)


鏡面レベルまで磨いていきますが


磨き上げるレベルがそれなりなら

小さな傷が残っていても目立たないので


いptyぴおついおty (16)


いptyぴおついおty (19)


傷を取りきらずに磨いて仕上げてあるので


ステンレスの目地レベルの擦り傷などが

取り切っていないまま残っているので


いptyぴおついおty (17)


いptyぴおついおty (18)


鏡面レベルまで磨いているうちに

深い傷が浮き出てきてしまうので


それなりにポリッシュして仕上げてあっても


いptyぴおついおty (9)


いptyぴおついおty (10)


後々浮き出てくると、最初に戻ってやり直しになるので


手間が掛かりますが、荒砥ぎからやり直して

鏡面レベルにいけるよう、粗い傷や深い傷を消していき


いptyぴおついおty (40)


いptyぴおついおty (41)


いptyぴおついおty (39)


中研ぎ、仕上げ、鏡面と、4段階の工程で


ポリッシュ作業を経て、ショーカーで使える

レベルまで仕上げていきます


いptyぴおついおty (8)


いptyぴおついおty (11)


レストア済で大きな凹みや傷を直して

ポリッシュしてある段階のモールと


鏡面レベルまで仕上げていくと、


いptyぴおついおty (38)


ステンレス特有の、白くくすんだ色から

くすみがとれて、濃く変わってきまして


光具合も色味も、全く別物になってきまして


いptyぴおついおty (20)


フロントガラス周り、サイドガラス、

サイドモールの鏡面仕上げを終えて、


リアの幌の淵のモールに進みまして


いptyぴおついおty (21)


いptyぴおついおty (22)


このモールには、コンバーチブルトップを

開けて走る時にブーツを被せるので


ブーツを取り付けるホックが付いていまして


いptyぴおついおty (28)


ホックが付いているままだと、バフ作業の

邪魔で綺麗に磨けないので


ポリッシュ作業の妨げにならないように 


いptyぴおついおty (29)


ホックをモールから摘出し、ポリッシュ作業を

終えたら、新しいホックを付け直しとなり


加締めて取り付けてあるホックは、


いptyぴおついおty (26)


モールを痛めないように揉んで摘出しまして


クオーターパネルのモールと接続する

部分は、太さが変わる複雑な形状なので


いptyぴおついおty (25)


プレス成型の構造上、1本物では

成型できなかったようで


2つのモールを途中でつないでありますが


いptyぴおついおty (24)


いptyぴおついおty (23)


左右ともに繋ぎ目が割れてきており


以前、レストアした際にバフで磨いた際に

薄くなって割れたのと思われ


いptyぴおついおty (27)


周囲も全体的に薄くなっているので


溶接すると熱で歪みが出てしまい、

修正しても取り切れなかったり


いptyぴおついおty (31)


いptyぴおついおty (30)


穴が開いてしまったりするリスクが

非常に高い状況でしたが


経験と、経験に基づく勘で、攻めまして


いptyぴおついおty (32)


溶接する際の電流値は”8A”という

超低電流で、なおかつ


スパーク時間は0,5秒以内で溶接し


いptyぴおついおty (35)


熱歪みや穴が開かないよう対処


溶接跡を仕上げたら、荒砥ぎから

ポリッシュ作業をやり直していき


いptyぴおついおty (33)


いptyぴおついおty (34)


モールのクラックの修正が完了しまして


写真はまだまだ、ポリッシュ途中の

段階ですが、溶接の熱歪みによる


いptyぴおついおty (36)


いptyぴおついおty (37)


ウネリが出ていないのを確認して

この後、鏡面レベルまで磨き上げていきます


VIVA! S庭道場!  VIVA! T江さん!!!!!!



[ 2021/05/18 23:27 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE | トラックバック(-) | コメント(-)