FC2ブログ
ホーム > 40 MERCURY > 1940 MERCURY

1940 MERCURY



 M本さんの 1940 MERCURY ” BREEZEE ”


アメリカから輸入した車両の 不具合部分の修正と

好みに リメイクプロジェクトを 進めてまして


1940-mercury-eight12 (24)


16インチタイヤでも、ステアリングが切れるように

顔周りをチリ合わせでワイド化し


グリルとフェンダーの間にできた隙間を埋める


1940-mercury-eight12 (23)


モールを製作して、取り付けしまして


グリルはぴったり装着できるように

なりましたが、幅が変わったお陰で 


1940-m、ercury-eight12 (30)l;


コアサポートやフェンダーのブレスなども

オリジナルのままでは長さが合わなくなり


それらの延長もしていくことに


1940-m、ercury-eight12 (31)l;


グリルに連結される、ボンネットのキャッチや

ボンネットのキャッチのブレス


そこからフェンダーに接続するブレスなど


1940-m、ercury-eight12 (32)l;


分解を進めていたら、キャッチには何かが

取り付けされるような穴が有るけど


そこには何も付いておらず、何の為の穴なのか


1940-m、ercury-eight12 (30)l


そこはどんな物が付いて、どんな機能なのか

解らないので調査してみたら


ボンネットのロックが半開きでも


1940-mercury-eight12 (1)


ボンネットが開いてしまわないようにする

セーフティーロックが付くようですが


欠品していて、キャッチの土台も曲がっているし


1940-mercury-eight12 (28)l


曲がっている支点部分にクラックが入ってまして


曲がって角度が付いているのが正解なのか、

それとも割れて曲がったのか不明。。。。


1940-mercury-eight12 (2)


キャッチに接続される、ボンネット側の

キャッチについてるリンクも動きがおかしく


何か部品が足りない感じなので


1940-mercury-eight12 (4)


調べてみたら、色々解ってきまして


セーフティーロックは欠品してるので

アメリカで探してみるも見つからず


1940-mercury-eight12 (3)


キャッチの土台が曲がってるは

それが正しい形状ですが


割れたり溶接で繋いだ跡があるのは


1940-mercury-eight12 (6)


ボンネット側のキャッチをレバーで開けたら

スプリングで戻す機構ですが


スプリングが付いてなくて、手でレバーを戻さないと


1940-mercury-eight12 (5)


ロック部分が戻らないので、そのまま

ボンネットを閉めてしまうと


ロック部分がキャッチの穴ではない所に当たり


1940-mercury-eight12 (7)


土台が曲がったり、割れたりしたようです


キャッチの土台の塗装を剥がし、割れや

溶接の剥がれ、歪みを修正していき


1940-mercury-eight12 (8)


そこから左右のフェンダーに接続される

ブレスはワイド化して長さが足りなくなったので


ベース部分に溶接されているのを摘出し 


1940-mercury-eight12 (21)


1940-mercury-eight12 (22)


両端部分をワイド化した分の厚みを増したら


曲がりや歪みを修正したキャッチの土台に

再び溶接して組み戻していきまして


1940-mercury-eight12 (20)


1940-mercury-eight12 (19)


ロック部分が自動で戻る機構が損なわれて


ボンネットを閉めると、ロックが土台に

ぶつかって、よれよれになっていたのも


1940-mercury-eight12 (17)


1940-mercury-eight12 (18)


綺麗に修正したら、続いてボンネット側の

キャッチの土台も、ロックがぶつかる衝撃で


土台が曲がって、途中で割れていたので


1940-mercury-eight12 (26)l


1940-mercury-eight12 (27)l


オリジナルの形状を調べたら、ここは

平らな形状が正しいと解かったので


折れている部分を板金して平らに戻して


yるえyちつい


1940-mercury-eight12 (16)


ロック部分が自動で戻る機構を再生するため


オリジナルと同じように、2種類の

スプリングでテンションを掛けられるよう


1940-mercury-eight12 (10)


スプリングを取付するブラケットを製作し


ボンネット側のキャッチと一緒に

取り付けできるようにしまして


1940-mercury-eight12 (11)


ロック裏のレバーと、製作したブラケット間に


ちょうどいいテンションになるスプリングを

取り付けしていき、自動で戻る機構も復活し


1940-mercury-eight12 (12)


これでレバーを戻し忘れても、勝手に戻るので


ボンネットを閉めたら、キャッチの土台にぶつかり

破損することも無くなりまして


1940-mercury-eight12 (13)


次は欠品してて、アメリカでも見つからない

セーフティーロックの再生に進みます


VIVA! M本さん & S庭道場!!!!!!!!!!




[ 2021/03/25 06:07 ] 40 MERCURY | トラックバック(-) | コメント(-)