FC2ブログ
ホーム > 40 MERCURY > 1940 MERCURY

1940 MERCURY



 M本さんの 1940 MERCURY ” BREEZEE ”


アメリカから輸入した車両の 不具合部分の修正と

好みに リメイクプロジェクトを 進めてまして


hdghdthdhgfdhdt (1)


ドアウェザーの構造を変更し、ドア側に

ウェザーの取り付けベースを製作し


ボディ側の当たり兼、ドアシルプレートを製作中


hdghdthdhgfdhdt (3)


hdghdthdhgfdhdt (5)


ステンレス板を切り出して、2枚を溶接し

溶接跡を仕上げたら、


ドアシルプレートをボディにビス止めする


hdghdthdhgfdhdt (6)


ビス用の穴を開けたら、ビスで固定後に


頭が出っ張らないよう、ビス頭の大きさに

合わせた凹みを成型しまして


hdghdthdhgfdhdt (4)


溶接、仕上げ、穴開け、凹みを作ったら

仕上げのポリッシュ作業を進めまして


BREEZEE用のカスタムドアシルプレートが完成


hdghdthdhgfdhdt (9)


hdghdthdhgfdhdt (11)


デザイン性も考えながら、補強を兼ねて

リブを入れたり、前後の端部分は


ボディ側の別パネルに馴染む形状に成型され


hdghdthdhgfdhdt (2)


センター部分には、別に製作中のバッジが

取付される溝になっており


そちらも完成してくるのが楽しみです


hdghdthdhgfdhdt (17)


完成したシルプレートは、ドアを開けた時の

ドアの開口部分の淵に付きますが


ドアウェザーの構造を変更し、ドア側に


hdghdthdhgfdhdt (18)


ウェザーの取り付けベースを製作し て

そこに取り付けたドアウェザーが


ドアシルプレートに密着してシールするようになり


hdghdthdhgfdhdt (19)


hdghdthdhgfdhdt (20)


ドア側に取り付ける、ドアウェザーの土台部分も

僅かですが、見えるようになるので、


ステンレスで製作して、そちらもポリッシュして


hdghdthdhgfdhdt (16)


綺麗に仕上げたら、ドアウェザーの土台兼

ライナーも完成となりまして


ドアシルプレートを取り付けすると


hdghdthdhgfdhdt (14)


hdghdthdhgfdhdt (15)


前後の別パネルともピタリと馴染み

ボディの弓なりの形状にもマッチ


ドアを閉めると、ドアシルプレートの側面と


hdghdthdhgfdhdt (12)


ドアに付けたウェザーストリップは


前端から後ろ端まで、全て同じ

クリアランスで当たるようになりまして


hdghdthdhgfdhdt (13)


これで外からの熱気や臭い、水や

風切り音の侵入を防げるようになりました


VIVA! M本さん & S庭道場!!!!!!!!!!




[ 2021/03/10 05:25 ] 40 MERCURY | トラックバック(-) | コメント(-)