FC2ブログ
ホーム > 40 MERCURY > 1940 MERCURY

1940 MERCURY



 M本さんの 1940 MERCURY ” BREEZEE ”


アメリカから輸入した車両の 不具合部分の修正と

好みに リメイクプロジェクトを 進めてまして


@o[iopupo@u90[ (4)


ドアのシール性能の向上のため、オリジナルの

シール構造から変更して、


ドアシルプレート兼、戸当たりを設計しまして


@o[iopupo@u90[ (7)


ドアのボトム部分がテーパー状で、

ボディに当たらないので


シールを押し当てる構造でないので


@o[iopupo@u90[ (8)


テーパーになるギリギリの位置で

当たりを作っていきますが


ドアの内側がヨレヨレで真っすぐでないので


@o[iopupo@u90[ (5)


そこにシールを取り付けても、当たりが均一にならず


ボディ側も真っ直ぐではなく、緩やかな弓なりの

アーチを描いているので、ラインの型紙をとり、


@o[iopupo@u90[ (6)


それに合わせて、フラットバーを切り出して

片側にシールのガイドになるエッジを作ったら


弓なりのアーチにぴったり曲げていきまして


@o[iopupo@u90[ (9)


@o[iopupo@u90[ (10)


穴を開けて、ドアにボルト止めできるようにして


ドアの内側のパネルがよれていても、その上に

取り付ければ、シールとボディの間隔が


@o[iopupo@u90[ (11)


前から後ろまでが均一にボディに当たるように

調整するライナー兼、シールのベースを製作


ドア側のシール位置が正しい位置に決まったら


@o[iopupo@u90[ (1)


@o[iopupo@u90[ (2)


型紙に合わせて、1mmのステンレス板を4枚切り出し


補強のリブを入れるデザインを決めたら

ラインの下書きを入れて、ビードマシンを使って


@o[iopupo@u90[ (13)


リブを入れていきまして、長さが1m以上あるので


リブのラインが途中で曲がったり、ヨレたりしないよう

真っ直ぐにリブを入れていくのはタイヘンですし


@o[iopupo@u90[ (15)


鉄より遥かに硬いステンレス板にリブを入れるのもタイヘン。


補強とデザイン性を兼ね合わせて、ライン、カーブ、

突き合わせなどを駆使してリブを入れたら


@o[iopupo@u90[ (14)


4枚のステンレス板を、2枚づつ突き合わせて溶接


1枚の板をベンダーで曲げれば簡単なのですが

ボディのドアの開口部分が、直線ではなく、


@o[iopupo@u90[ (16)


弓なりに曲がっている形状なので

1枚の板を曲げるとアーチに合わず


真っ直ぐの板と、弓なりの板を溶接して


@o[iopupo@u90[ (17)


ボディの形状に馴染む形状に成型しまして


溶接する部分も、板同士を突き合わせると

ピン角になって、安っぽくてかっこ悪いので


@o[iopupo@u90[ (3)


プレス成型されている製品のような仕上がりになるよう


2枚の板の接合部分を丸めてから、熱歪みが

出づらいように溶接していき、滑らかな角になりました


VIVA! M本さん & S庭道場!!!!!!!!!!




[ 2021/03/03 01:18 ] 40 MERCURY | トラックバック(-) | コメント(-)