FC2ブログ
ホーム > 40 MERCURY > 1940 MERCURY

1940 MERCURY



 M本さんの 1940 MERCURY ” BREEZEE ”


アメリカから輸入した車両の 不具合部分の修正と

好みに リメイクプロジェクトを 進めてまして 


wytwtyty (15)


ステアリングホイールのキャンセリング機能の

加工を終えて、次はインテリアの作業に進みます


これまでのフロントシートは、チョップトップしてあるも


wytwtyty (11)


シート位置を低く作り直してないのと

座面が固く、座っても沈まないので


座ると頭が天井に当たりますの刑。。。。


wytwtyty (12)


そこで、OXBLOODやSPAKLEのように


シートレールや、シートフレームを低くなるよう

加工を施して、ポジションを下げたいのですが


wytwtyty (13)


これまでのシートを分解し、構造を確認しながら

検証してみましたが、低く加工するのが困難なので


別のシートに変更し、それをCHOPTOPでも対応するよう


wytwtyty (14)


低く加工していくことになりまして


これまでも、シート位置を低くする加工は

何台もやってきたので、構造を理解していて


wytwtyty (7)


車格的に大きさも合いそうで、作り直しも

やり易い構造なことから


ベルエア用の新品シートを取寄せまして


wytwtyty (10)


1955~1957年式のベルエアは人気で


シートフレーム、スプリング、シートレールを

リプロダクションしているので


wytwtyty (9)


中古のシートを買って、スプリングが劣化して


折れてたり、ヘたってたりしてるのを直す手間も

錆びを落とす手間もないので、新品が最高。


wytwtyty (8)


ベルエア用のシート丸ごとを用意したら


インテリアのデザインを担当してくれている

S美ちゃんが室内の寸法を測って導き出した


wytwtyty (1)


図面を作って、打ち合わせに来まして


デザインをおこしても、それが室内の寸法に

あっていないと、デザイン通りにいかないので


wytwtyty (3)


シートの形状、パターンの幅などまで、各所の寸法が

細かく計算されており、シート全体像のデザインから


「ここは丸めてほしい」 とか、「ここは末窄まりにして」 と


wytwtyty (2)


加工を行うS庭師範に伝えますが、作り手側とすると


「構造上、ここはそういう形状には出来ない」とか

「そうすると強度が落ちるから難しい」と


wytwtyty (6)


デザイナー、作り手、それぞれの意見を聞きながら

どうするのが一番いいのか相談していきまして


けっこう、バチバチな雰囲気なので、場を和ませようと


wytwtyty (4)


口を挟もうものなら、「漏れ田さんは どういえば

M本さんがイメージしやすいかだけ考えててください」


と、今回も安定の戦力外通告でナニヨリです。。。。


VIVA! M本さん & S庭道場!!!!!!!!!!



[ 2021/01/20 05:44 ] 40 MERCURY | トラックバック(-) | コメント(-)