FC2ブログ
ホーム > 40 MERCURY > 1940 MERCURY

1940 MERCURY



 M本さんの 1940 MERCURY ” BREEZEE ”


アメリカから輸入した車両の 不具合部分の修正と

好みに リメイクプロジェクトを 進めてまして 


ouyfujkpl];; (2)


フロントガラスの中央、内側につくモールの修正を終え

続いて、外側のモールの修正に進みまして


アメリカでチョップトップした際に、このモールも高さを詰めてますが


ouyfujkpl];; (1)


御覧のように、溶接の熱で歪みが出ており


真っすぐのはずのモールにうねりが出ており

写り込みがユラユラしているのがお解り頂けると思います


ouyfujkpl];; (3)


裏側を見ると、真ん中あたりで切断して

突き合わせて溶接し直してありますが


同じ断面、形状のものをピッタリ突き合わせて


ouyfujkpl];; (4)


溶接してつなぎ合わせるだけでも

溶接時の熱で周辺が歪んでしまい


御覧のようなウネリが出てしまいます


ouyfujkpl];; (7)


裏側の溶接跡を見ると、均一ではないので

熱の入り方も部分的に異なってるので


余計に歪みが出てしまったのと思います


ouyfujkpl];; (8)


メタルワークが上手い人というと、綺麗に溶接できる人

というイメージがあるかもしれませんが


溶接作業はメタルワークのうちの一つの技法に過ぎず


ouyfujkpl];; (9)


モールをチョップする作業ひとつとっても


切断、摺り合わせ、溶接、歪み取り、

溶接跡の仕上げ、ポリッシュと


ouyfujkpl];; (10)


大きく分けるだけでも、6つの技術が必要で


溶接はそのうちの、接合するだけの作業で

溶接すると、どんなに溶接の上手い人でも


ouyfujkpl];; (11)


必ず熱で歪みが出てしまうものなので


いかにその歪みきちんと取って、まっすぐに戻せるかは、

溶接後のハンマリングでの歪み取りがキモでして


ouyfujkpl];; (12)


沢山歪んでしまえば、歪み取りの作業が大変になるので


いかに歪みを出さないようにするかは、切断の時に

構造や形状から、どこで切断すれば


ouyfujkpl];; (24)


熱歪みが出づらいか理解して切断することと


切断後にして突き合わせた面の隙間がまばらだと

同じように溶接しても、熱の入り方に差が出てしまい


ouyfujkpl];; (22)


歪みが出るので、いかにピッタリ摺り合わせられるか


ピッタリ摺り合わせた面を、適切な溶接を出来るか

溶接で歪んだひずみを、どこまで直せるかという、


ouyfujkpl];; (23)


それらの技術をきちんと落ち合わせている職人が

”メタルワークが出来る人” ということなので


そんな作業を専門的にやっている鉄工所は最強ですね


ouyfujkpl];; (5)


アメリカでつなぎ直したモールは、両サイドの折り返しの

耳があると、耳の裏部分をハンマリング出来ないので


一旦、耳を切り取ってハンマリングで歪み取ったのち


ouyfujkpl];; (6)


切り取った耳を新しく付け直して再生していき


上下の端の部分は、フロントガラスのアウタートリムに

乗り上げるように重なる構造ですが


ouyfujkpl];; (13)


ouyfujkpl];; (14)


形状が合っていなかったので、板金して合わせていき


室内側のトリムと突き合わせてボルト止めしますが

ナットは工具が入らない部分なので


ouyfujkpl];; (15)


ouyfujkpl];; (16)


ナットを固定したプレートを製作し、簡単に脱着できるようにしまして


室内側のモールはメッキするので、固定用の

ボルトだけくすんで見えないように


ouyfujkpl];; (17)


ouyfujkpl];; (18)


ouyfujkpl];; (19)


固定用のボルトはステンレス製を使用し、

頭をポリッシュして、光具合を統一しまして


こういうところまで拘って作るのも大切ですね


ouyfujkpl];; (20)


外側のモールは、歪みやうねりも消して

綺麗に仕上げたら、ポリッシュしまして


表側だけなく、裏側もどこで繋いだか 


ouyfujkpl];; (21)


解らないような綺麗な仕上げになりまして

これこそがメタルワークですね


手直しを終えたモールを組み付けると


ouyfujkpl];; (25)


ouyfujkpl];; (26)


室内側も上下が周囲のモールにぴたりと重なり

マッチング、建付けもパーフェクト。


外側のモールも写り込みをみても、うねりやゆらぎは消えて


ouyfujkpl];; (30)


ouyfujkpl];; (27)


以前の、あのヨレヨレだった面影はどこへやら。


上下部分も。周囲のモールにぴたりと重なり

こちらもマッチング、建付けもパーフェクト。


ouyfujkpl];; (28)


ouyfujkpl];; (31)


ouyfujkpl];; (29)


ouyfujkpl];; (32)


これでフロントガラス周りの手直しを終えて


アメリカで作ってあったモール、ゴムは

全てやり直しになりましたが、


ouyfujkpl];; (33)


最高の仕上がりになりまして、次は助手席側の

ドアロックメカニズム修理に進みます


VIVA! M本さん & S庭道場!!!!!!!!!!


[ 2021/01/11 04:27 ] 40 MERCURY | トラックバック(-) | コメント(-)