FC2ブログ
ホーム > 40 MERCURY > 1940 MERCURY

1940 MERCURY


 M本さんの 1940 MERCURY ”  BREEZEE ”


アメリカから 輸入した車両の 不具合部分の 修正と

好みに リメイク プロジェクトを 進めてまして 


IM656565658989323665656G_1865 (12)


クォーターガラスの窓枠と、ウェザーストリップの

土台の形状がボディとあってないので


建付けが悪く、室内が見えるほどの隙間もあり


IM656565658989323665656G_1865 (16)


ボディの開口の型紙をとって、窓枠と合っていない

部分を確認して、カーブを直していきまして


Bピラー頂点部分の突き合わせもやり直しへ


IM656565658989323665656G_1865 (6)


これまでの突き合わせ部分は、角度や

お互いの高さや長さが合ってなかったので


正しい角度と長さになるよう切り直しまして


IM656565658989323665656G_1865 (8)


窓枠の断面は、完全なコの字型ではなく、

かまぼこのように盛り上がりがあるので


お互いの高さ、距離を正確に合わせないと


IM656565658989323665656G_1865 (5)


接合したときの谷のラインがビシッと出ず

谷のラインがヨレヨレしたり


高さが段違いになったりと均等にならないのと


IM656565658989323665656G_1865 (30)


溶接しろが長いので熱や、隙間があると

張力が働いて歪みが出やすいので


そうならいよう、どれだけ事前に合わせられるか 


IM656565658989323665656G_1865 (1)


摺り合わせの段階がキモになります


擦りあわせの段階でぴたぴたに合わせてから

熱の影響を出さないように溶接していき


IM656565658989323665656G_1865 (2)


溶接ビートを緩やかなかまぼこ状が

突き合わさった形状を崩さないように


仕上げていくと、写真のような形状になります


IM656565658989323665656G_1865 (37)


突き合わせ部分の内側も、ガラス越しに見える

部分なので、しっかり溶接しないといけませんが


溶接のトーチも入らないほど狭いので、届かず溶接できませんが


IM656565658989323665656G_1865 (38)


S庭師範の熟練の奥義の技で、裏側まで

しっかり溶接して溶かし込みまして


ウェザーストリップが乗っかり、収まる溝も


IM656565658989323665656G_1865 (39)


ゴムの当たりを確認しながら、水や風が入らず

見た目もあたかもオリジナルのように再生されまして


次はウェザーストリップの土台の加工に進みます


VIVA! M本さん & S庭道場!!!!!!!!!!



[ 2020/11/15 00:22 ] 40 MERCURY | トラックバック(-) | コメント(-)