FC2ブログ
ホーム > 40 MERCURY > 1940 MERCURY

1940 MERCURY



 M本さんの 1940 MERCURY ”  BREEZEE ”


アメリカから 輸入した車両の 不具合部分の 修正と

好みに リメイク プロジェクトを 進めてまして 


IM656565658989323665656G_1865 (24)


クォーターガラスの窓枠と、ウェザーストリップの

土台がボディの形状に合っておらず


本来一体型の土台部分は、チョップした際に 


IM656565658989323665656G_1865 (28)


IM656565658989323665656G_1865 (27)


なんとなく形が合うように切ったものの

接合せずに、切りっ放しだったり、


室内が見えるほど、隙間が大きい部分もあり
 

IM656565658989323665656G_1865 (25)


それらの修正をしていくことになりまして


ボディ側の開口の形状を型紙にとって

窓枠と比較してみると、ピラーとの角度や 


IM656565658989323665656G_1865 (29)


IM656565658989323665656G_1865 (26)


アーチとのカーブが合ってないのが解ります


ボディの開口の形状を正確にうつした型紙に

ウェザーストリップを組んだクリアランスを考慮し


IM656565658989323665656G_1865 (17)


IM656565658989323665656G_1865 (18)


どの形状に作れば良いのかをケガいて

それに合うように窓枠を作り直していきます


まずは先端の突き合わせ部分を合わせて


IM656565658989323665656G_1865 (9)


基準点を設定したら、そこからケガキに合うよう

カーブを合わせていきますが


ケガキと合っていないところを切断して、近いカーブ部分を


IM656565658989323665656G_1865 (10)


はめ込んでつなげていく。。。。 というように

パズルのように簡単にいくものではなく


突き合わせ部分から、後ろまで流れるような 


IM656565658989323665656G_1865 (23)


一連のカーブを途中で切って、違うカーブとつなぐと


つながっていたアーチは寸断され、つないだ部分が

カモメみたいに谷が出来てしまうので


IM656565658989323665656G_1865 (22)


細切れにして、つなぎ直す方法は使えず

狙ったカーブに曲げ直して、アーチを変えていきます


曲げ直すと言っても、窓枠は断面が耳付きのコの字型で 


IM656565658989323665656G_1865 (19)


強度を持たせてつくってあるので、ベンダーや

ローラーで曲げようにも、硬くて曲がりません


無理に力を掛けると、への字に折れるので


IM656565658989323665656G_1865 (20)


カーブを変えたいところは、切断して抜き取った

コの字型の枠を、さらに両側の側面と上面に切断し


3枚おろしにして、ただの板に戻してあげる事で


IM656565658989323665656G_1865 (21)


いったん、強度を落としてローラーで曲げていき

カーブが合ったら、両側面を接合して


再び、耳付きのコの字型に再生していきます


IM656565658989323665656G_1865 (13)


IM656565658989323665656G_1865 (14)


溶接して組み戻す際は、コの字型の中や

耳部分まで、しっかり溶接して接合


ボディの形状に合うように、カーブを直したら


IM656565658989323665656G_1865 (7)


続いて、突き合わせ部分の接合に進みますが


突き合わせ部分の内側など、鋭角で内側が

狭くなる部分は、後ほどポリッシュするにも


IM656565658989323665656G_1865 (15)


狭くて、バフが入らず磨けなくなるので


形にしてしまうと、あとで磨けなくなる内側は

接合前にポリッシュまで終わらせたら


IM656565658989323665656G_1865 (12)


突き合わせ部分の溶接に進みますが、溶接しろが

長いので熱や、隙間があると張力が働いて


歪みが出ないよう、摺り合わせがキモですね


VIVA! M本さん & S庭道場!!!!!!!!!!



[ 2020/11/11 05:02 ] 40 MERCURY | トラックバック(-) | コメント(-)