FC2ブログ
ホーム > 40 MERCURY > 1940 MERCURY  

1940 MERCURY  



 M本さんの 1940 MERCURY ”  BREEZEE ”


アメリカから 輸入した車両の 不具合部分の 修正と

好みに リメイク プロジェクトを 進めてまして 


65665656565656554 (5)


摩耗していたドアのキャッチと、ストライカーの交換、

ドアヒンジのリペアを終えたら


ヒンジの取り付け位置を調整できる、シムを製作 


65665656565656554 (6)


シムをヒンジとボディの間に挟むことで

ヒンジの前後位置を 調整できるようにしたら


ヒンジの取り付け方法は、元々ボルト&ナットですが


fhotuo1yfy (2)


穴位置が決まっていて、位置の調整が効かないので


ヒンジの取り付け位置を 固定式から調整式に加工しつつ、

狭くて手や工具を入れづらい場所なので 


fhotuo1yfy (3)


工具無しで取り付け、調整をできるようにしていきます


そうすることで、シムを使った前後位置の調整と

プラス、上下左右も 動かせるようになり、


65665656565656554 (21)


より、建付けの調整幅が広がり、チリ合わせし易くなります


Aピラーの下の、ヒンジを取り付けする部分は開口が狭く、

手や工具がまともに入らなくて作業がしづらいので


65665656565656554 (18)


65665656565656554 (17)


ポスト内の補強プレートの隙間に収まる

ヒンジの穴位置に合わせたプレートを製作し


ボルト穴を開けて、ナットを溶接しておくことで


65665656565656554 (19)


内装を剥がしたり、ポストの裏の狭いスペースに

ナットや工具を入れて作業する手間が不要になり


写真のように、取り付け位置を上下左右方向にも 


65665656565656554 (20)


調整ができるようになりました


続いて、ドア側の加工に進みまして

ヒンジをドアに取り付ける部分は


ljiipipupui (3)


純正のリベット式では、位置の調整が効かず


今後、ヒンジを外す必要が出た時に

リベットを壊さないと外せないので


ljiipipupui (1)


ljiipipupui (4)


こちらもボルト&ナットの構造に変更していきます


ドアのヒンジが付く部分は、重いドアの荷重を

ヒンジを支点に受け止めるため

 
65665656565656554 (22)


縦方向の補強のリブと、スキンパネルと裏骨を

接続して補強するリブが入っていまして


それらのリブを袋状にすることで強度を出してまして


65665656565656554 (28)


65665656565656554 (26)


袋状になった中に、ヒンジが付いており


裏側はどこからもアクセス出来ない構造なので

ボルト&ナット構造ではなく、リベット式になったようです


65665656565656554 (27)


そこで、ボルト&ナット構造に変更するため


一旦、縦方向の補強のリブと、スキンパネルと

裏骨を接続して補強するリブを摘出して


65665656565656554 (36)


ヒンジを取り付ける部分の表面は平らですが


ドアの内側は、さらに鉄板に凹凸を付けて

強度を出した鉄板を貼り合せてあり


65665656565656554 (31)


平らではない形状だったので、、、、、、


そのスペースの型紙をとって、厚い鉄板を

切り出して、穴を開けてまして


65665656565656554 (32)


ヒンジボルトのネジに合わせて、ねじ山を切り

ナット兼用のプレートを製作。


位置の調整はボディ側で行うので、ドア側は


65665656565656554 (33)


位置の調整機能は不要となり、固定式にしますが


裏側の凹凸を避ける形状に作られたプレートは

4本の固定ボルトのうち、2本づつに別れるので


65665656565656554 (25)


65665656565656554 (24)


ヒンジを取り付けて、ナットプレートで固定したら


それぞれのプレートと、ドアの裏の補強を接合し

ナットプレートが動いてしまわないように固定


65665656565656554 (30)


65665656565656554 (29)


ナットプレートを固定しておくことで


ヒンジの取り付け部分が袋状になっても

表側からボルトを締めたり、緩めれば


fhotuoyfy.jpg


ヒンジの脱着が出来るようになりました


裏側にナットプレートを仕込んだら

ドアの補強の再生に進みまして


kjjgftdrrsrtruyi (4)


一度摘出したリブ類は、歪みをとったり

耳部分を再生したのち、


順番にドアに組み戻していきまして


kjjgftdrrsrtruyi (2)


リブ類も組み戻して、ドアのヒンジ取り付け部分の

周辺の強度も再生したら


リベット留め構造から、ボルト&ナット式への変更が完了


kjjgftdrrsrtruyi (6)


kjjgftdrrsrtruyi (1)


しかし、この後 さらなる大問題が発覚して、大工事に

発展することになりまして、どうやら、開けてはいけない、


パンドラの箱を開けてしまったようです。。。。。。


VIVA! M本さん & VIVA! S庭道場 !!!!!!!!!!



[ 2020/09/13 00:00 ] 40 MERCURY | トラックバック(-) | コメント(-)