FC2ブログ
ホーム > 50 MERCURY * Ox Blood * > 1950 MERCURY

1950 MERCURY

 

 M本さんの 1950 MERCURY、 ” OXBLOOD ”


リアのパラレル4リンクのブッシュが傷んだので

交換作業を進めていまして


jbnkfhjlkhglkj (14)


ロッドとロッドエンドは、これまでのウレタンブッシュから


RIDETECH製の R-JOINTを組み込んだ

ステンレスポリッシュのものに変更となりまして


jbnkfhjlkhglkj (16)


元のロッドは、ブッシュだけ交換すればまた使えて

勿体ないので、ブッシュは新品に交換し


念のための、予備パーツで保管しておくことになりまして


jbnkfhjlkhglkj (17)


傷んだブッシュは全て摘出し、新品ブッシュに交換。


ブッシュが傷んでガタガタの状態だと、ブッシュ間の

芯々の正確な距離が解らないので


jbnkfhjlkhglkj (18)


元々組んでいたロッドに、新品ブッシュを組み込みし


複数のロッドを同じ長さで組む際に、同じ寸法に

調整できるように作った治具を使い、調整をしていきます


jbnkfhjlkhglkj (19)


OXBLOODから取り外したロッドは、

ロッドエンドを外したり、緩めることなく


ブッシュだけ、新品に交換したので


jbnkfhjlkhglkj (20)


このまま車に組み戻せば、ホイールベースや

アライメントが変わらない寸法の状態なので


そのロッドに合わせて、治具の幅を固定しまして


jbnkfhjlkhglkj (21)


芯々の距離を、以前のロッドと同じ幅に固定したら


そこに R-JOINTを組み込んだ新しいロッドを、

長さが合うように調整して、セットしまして


jbnkfhjlkhglkj (22)


ステンレス製なので、ロッドエンドのねじが

カジらないように、かじり防止材を塗って


長さを合わせて、ロックナットで固定


jbnkfhjlkhglkj (36)


この治具を使えば、元と ぴったり同じ長さのロッドに

パラレルリンク分の4本を、正確に調整が出来ますし


トライアングルリンクなら、2本づつ正確に合わせられます


jbnkfhjlkhglkj (27)


ACCUAIRのハイトセンサーを組み付ける

ロワーに使うアームには、


穴を開けて、ねじ山を作ってあるので


jbnkfhjlkhglkj (28)


センサー用のボルト、ナットも用意し


この機会に新品に組み替えてもらい

リフレッシュさせて頂くことにしまして


jbnkfhjlkhglkj (23)


jbnkfhjlkhglkj (26)


元々組んであったロッドは、新品のウレタンブッシュに

交換したので、必要になった時には


また使えるように、保管しておいてもらいまして


jbnkfhjlkhglkj (24)


jbnkfhjlkhglkj (25)


ロッドの取り付けボルト&ナットも

今回、R-JOINT用に変更しますが


元々組んであったロッドに組み替える事があれば


jbnkfhjlkhglkj (30)


jbnkfhjlkhglkj (31)


元のボルト、ナットも必要になるかもしれないので、

万が一に備えて、保管しておいて頂きます


長さ調整を終えた、新しいロッドも梱包しまして


jbnkfhjlkhglkj (32)


続いて、ラテラルロッドのブッシュ交換へ


ラテラルロッドも、M本さんにクルマから

取り外してもらって、送ってもらいまして


jbnkfhjlkhglkj (33)


これまではシルバーのパウダーコーティングだったのを


三協ラジエーターさんにお願いして、ロッド、ロッドエンド、

ブラケットを、艶有黒で仕上げてもらいまして


jbnkfhjlkhglkj (34)


jbnkfhjlkhglkj (35)


傷んだいたブッシュも、新品に交換して

長さを以前と同じに調整して合わせたら


ラテラルロッドのパウダーコート変更と


jbnkfhjlkhglkj (37)


ブッシュ交換を終えて、リフレッシュも完了しまして


あとはこれらをM本さんにお届けてして、

組み付けしてもらいたいと思います


VIVA  S協ラジエーター!!!!   VIVA  M本さん !!!!!!!!



[ 2020/06/05 05:08 ] 50 MERCURY * Ox Blood * | トラックバック(-) | コメント(-)