FC2ブログ
ホーム > 66 LINCOLN SUISIDE > 1966 LINCOLN

1966 LINCOLN



 Y澤さん の 1966  LINCOLN CONTINENTAL


パワーウインドウの不良や、 油圧ワイパーから

電動のワイパーキットに コンバージョンしたり


jkfgkdker (5)


電動ファンと ファンシュラウドを 性能の良いものに

アップデートも終え、 試運転を進めてまして


昨日は 高速道路での テストドライブに 出掛けて


jkfgkdker (4)


100km以上で 距離にして 約80km走らせて、  

長時間の 高速走行、 巡行テストを 実施。


アクセル、 ブレーキ、 ステアリングの フィーリングもよく

 
jkfgkdker (1)


水温も安定して、 電動ファンが作動しても 静かで快適。


燃料も残り少ないので、 帰りがけに ガソリンスタンドで燃料補給。 

ホイールも かっけーな ナンて思いながら 入れてたら


jkfgkdker (2)


70L超えても 80L超えても 入っていき、 結局 95Lも入ったので 


流石 高級車リンカーンは 長距離も 悠々走れるように

ガソリンタンクの容量は 100Lみたいです


jkfgkdker (7)


ハイオクで 95Lも入って クルマは 重くなりましたが

僕の財布は だいぶ軽くなり、 しくしく 戻りましたら


クルマの下に 燃料が垂れてるのが 発見されまして


jkfgkdker (6)


どうやら 燃料タンクの上のほうからのようで


調査のため、満タンにしたばかりのガソリンを

100L 抜き取って、燃料タンクが降ろされまして


jkfgkdker (12)


どこから漏れているのか 調査したら


エンジンをLSにスワップして、燃料ポンプを

インジェクション用に 交換したときに


jkfgkdker (8)


インタンク式のポンプと センディング一体型を

燃料タンクに取り付けできるように


上面を切断して 設置スペースを作ったようですが


jkfgkdker (10)


その際に溶接した部分に ピンホールが出来てまして


給油口の擦切り満タンまで 入れないと そこまで

水位が上がらないので 発覚しなかったようです


jkfgkdker (9)_LI


燃料タンクは 膨張と収縮を繰り返しており

金属製でも常に動いているので


溶接すると 熱で硬化した部分が割れたり


jkfgkdker (13)


一度使用すると ガソリンが鉄板に染み込んでいるので

抜いて乾かしても 溶接すると 爆発したり


溶接部分に ブローホールが出来やすいので


jkfgkdker (11)


溶接する際は 細心の注意が必要です


ピンホールが出来ないように 溶接し直したら

シーラー塗って、 乾いたら錆止めを塗って 組み戻します


VIVA! S庭 道場!  VIVA!  Y澤さん !!!!!!!!


[ 2020/04/17 05:05 ] 66 LINCOLN SUISIDE | トラックバック(-) | コメント(-)