FC2ブログ
ホーム > 40 MERCURY > 1940 MERCURY

1940 MERCURY


 M本さんの 1940 MERCURY ” BREEZEE ”


不具合部分の 修正と、 M本さんの 好みに 

リメイク プロジェクトを 進めて いまして 


IMG_331dfstydaertyahq8 (3)


エバポレーターの 取り付けを終え、 各ホースや

ダクトの 接続を 仮組みしながら


各部の クリアランスを 確認していきまして


bmkgjkgfghjkhgjkfg (7)


エアコンの 風の吹き出し口の ひとつ、


フロントガラスの 曇りとる、 デフロスターの 

取り付けに 進みまして


bmkgjkgfghjkhgjkfg (1)


40 MERCURYは、 オリジナルは まだ

クーラーがない 時代のクルマですが


ヒーターを フロントガラスに 送風する穴は 存在しまして


bmkgjkgfghjkhgjkfg (2)


運転席と 助手席の 窓枠部分に 1か所筒

5cmくらいの 小さな穴が開いていて、


そこに ヒーターからの ダクトを 接続しますが

 
bmkgjkgfghjkhgjkfg (3)


フロントガラスの 室内側の トリムには 幅ひろく

風が通る スリットが 設けられていますが


窓枠に開いている 穴が小さいので、 それでは


bmkgjkgfghjkhgjkfg (4)


せっかく 曇りとりの 送風をしても ピンポイントでしか 

風が 当たらず、 曇りがとれる 面積も小さいので


幅が広い ダクトを取り付けして 広範囲で 曇りがとれるよう


bmkgjkgfghjkhgjkfg (5)


bmkgjkgfghjkhgjkfg (6)


加工を 施していくことに なりまして


フロントガラスの 室内側の トリムに開いている

スリットの位置に ダクトを取り付ける位置も合わせると


bmkgjkgfghjkhgjkfg (8)


ダッシュを取り付ける ビスの穴の位置に被ってしまい


オリジナルのダクトの位置とは 奥行きが 合わないので

ダッシュを取り付けるビス穴、 ダクトの切り欠きを埋め戻し


bmkgjkgfghjkhgjkfg (9)


bmkgjkgfghjkhgjkfg (10)


熱歪みを修正し、 溶接後を 綺麗に仕上げたら


新しく取り付けする、 幅が広い ダクトに合わせて

切り欠き部分を カットし、 ダッシュ側の加工が 完了


bmkgjkgfghjkhgjkfg (19)


bmkgjkgfghjkhgjkfg (20)


続いて、 窓枠側も オリジナルの ダクト穴と

不要になる ダクトを取り付ける ビスの穴、


トリムを取り付ける ビスの穴を 埋め戻しまして


bmkgjkgfghjkhgjkfg (11)


bmkgjkgfghjkhgjkfg (13)


こちらも 溶接後を 綺麗に仕上げたら


新しく取り付けする、 幅が広い ダクトに合わせて

送風用の穴を 開けなおしまして


bmkgjkgfghjkhgjkfg (15)


bmkgjkgfghjkhgjkfg (16)


幅広いダクトを 取り付けできるように なりました


たかだか デフロスターの吹き出し口の 取り付けですが

進めていったら、 フロントガラスや、モールを 


bmkgjkgfghjkhgjkfg (17)


bmkgjkgfghjkhgjkfg (18)


取り外さないと 加工が出来なかったり 


ボディも、先日加工を終えて 綺麗に仕上げた 

ダッシュも溶接して 埋め戻たり、


bmkgjkgfghjkhgjkfg (23)


切断しないと いけないということが 判明したり

一筋縄には いきませんね


ここまでの作業になるとは 先読みしきれないので


bmkgjkgfghjkhgjkfg (25)


ひとつひとつ クリアしながら 進めていったら


「  今日1日 頑張って出来たのは、 デフロスターの 

   吹き出し口の 取り付けだけです。。。。。 」  


bmkgjkgfghjkhgjkfg (24)


bmkgjkgfghjkhgjkfg (21)


と、 S庭師範も 切なそうでして、、、、


そもそも 取り付けする部分がない 年式のクルマや

カスタムされて 造りが変わっているクルマなど


bmkgjkgfghjkhgjkfg (26)


何をやるにしても 下地作りからなので、 

時間も 手間も 底無しです。。。。


VIVA !  M本 さん  &  VIVA! S庭 道場  !!!!!!!!!!




[ 2020/04/12 06:02 ] 40 MERCURY | トラックバック(-) | コメント(-)