FC2ブログ
ホーム > 40 MERCURY > 1940 MERCURY

1940 MERCURY



 M本さん の  ”  1940 CHOPPED MERCURY ”


不具合部分の 修正と、 M本さんの 好みに 

リメイク プロジェクトを 進めて いまして 


IMG_310fhfghsfgj1 ( (3)


ファイヤーウォールの 作り直しと、 ダッシュの

エクステンド加工を 終えまして


続いて ステアリング シャフトや ダッシュボードの 


IMG_310fhfghsfgj1 ( (2)


他の カスタム作業に 進みたいのですが


使用する部材が アメリカでの コロナウイルスの 影響で

入荷が遅れてて 届かないので、 作業を 進められないので


IMG_31uihyfgtdfrftgujik27 (16)


順番を 変更し、 ラジエーターの 交換作業に 進みまして


ラジエーター交換と 言っても、 今まで 付いていたのと

交換して終わる 簡単な作業ではないようで、、、、、 


IMG_31uihyfgtdfrftgujik27 (14)


BREEZEEは、 オリジナルの フラットヘッド エンジンから

FORD スモールブロックに 載せ替えした際


エンジンが 大きく、 長くなって 当たるからと
  

IMG_31uihyfgtdfrftgujik27 (15)


左右の インナーフェンダー、 グリルを 渡して 固定する

コアサポート的な 補強が 撤去されてまして


ラジエターを 外してると 顔周りが グラグラの刑。。。。


IMG_310fhfghsfgj1 (25)


ラジエターを 取り付ける際、 左右を インナーフェンダーに

固定してあったので、 それを外したら


顔周りを 固定する部分がなくなり グラつくのと 思いますが


IMG_310fhfghsfgj1 (24)


ラジエターは 柔らかい アルミか 銅で出来てて

フィン構造の コアと タンクで 出来ているので


ボディを支える 補強を兼ねるような 強度はないので

 
IMG_310fhfghsfgj1 (26)


このままの構造で 乗っていると、 走行中に

ボディが 歪む力が ラジエターに 掛かって 


割れて 水漏れするのは 必至です ということで


IMG_310fhfghsfgj1 (27)


これまでの 2層アルミ ラジエター、 オートマクーラー無、

ファンシュラウド無しの 電動ファン1機という 仕様から 
 

エアコンを 装着しても、 沖縄でも 水温上昇を 抑えて


IMG_310fhfghsfgj1 (23)


高速走行中に シュラウド内で 乱気流を 起こさないよう

フラップ加工を 施した シュラウド、 ATクーラー内蔵の


GRIFFIN製の 3層 アルミラジエーターに 変更して、 


IMG_310fhfghsfgj1 (19)


それに よく冷えるよう、 設置スペースいっぱいの 大きさの

VINTAGE AIR製の コンデンサーを 取り付けし、


コンデンサー冷却用の 電動ファンも 設置していき


IMG_310fhfghsfgj1 (18)


フロント ボディの 強度不足を 解消するため


左右の インナーフェンダーと グリルを 渡して

固定する コアサポートを 製作して、 


IMG_310fhfghsfgj1 (4)


そこに ラジエターと コンデンサーを 取り付ける

という 作業を 進めていきます


少しでも 冷却性能が 上がるように、 設置場所に合わせ 


IMG_310fhfghsfgj1 (3)


IMG_310fhfghsfgj1 (2)


GRIFFIN ラジエーターに 縦横、 厚みの サイズと

マウント形状と 位置を 指定して ラジエーターを 作ってもらい、


同サイズの コンデンサーと DERALEの 電動ファンを 準備 


IMG_310fhfghsfgj1 (12)


ボディと ラジエーターの サイズに合わせて 

検証した 寸法で 鋼材を 切り出して、


補強を 入れながら コアサポートを 製作していきまして

 
IMG_310fhfghsfgj1 (16)


IMG_310fhfghsfgj1 (17)


コアサポートへの ラジエターの 固定は、 下側は側面に設けた 

ブラケットに 防振マウントを 介して 取り付け。


ファットフェンダー ボディ特有の 先細りの エンジンルームで 


IMG_310fhfghsfgj1 (10)


幅も 前後方向も スペースは 全然 余裕がないので
 

何かの理由で ラジエーターを 外さないと いけなくなっても 

フロントランナーや プーリーを 分解しなくて いいように


IMG_310fhfghsfgj1 (9)


IMG_310fhfghsfgj1 (11)


アッパータンク部分の 左右を 防振ゴムを 介して 

固定する ブラケットを 脱着式の 構造で製作し、 


コアサポートに ボルトで 固定する 構造に しまして


IMG_310fhfghsfgj1 (7)


ブラケットを 外せば、 ラジエターは すぽっと

上に 引きぬけるように 作られました


ブラケットを 脱着する際に、 裏側を 覗いても見えないし 

  
IMG_310fhfghsfgj1 (6)


狭くて 手や工具が入れづらいので、 作業が し易いように

裏側に ナットを 溶接しておくことで、 


表から ボルトだけ 脱着すれば いいように 作っておきまして


IMG_310fhfghsfgj1 (5)


ドレンコックを 操作する部分や、 工具を 使う部分は

手や工具が 振れるスペースを 確保するため


コアサポートに 逃げ部分を 作っておきまして 


IMG_310fhfghsfgj1 (1)


フロントボディを 支える 強度を 兼ね備えさせて 

ラジエターを 取り付けできる、 コアサポートが 完成、


次は コンデンサーの マウント製作に 進みます


VIVA !  M本 さん  &  VIVA! S庭 道場  !!!!!!!!!!




[ 2020/03/28 05:15 ] 40 MERCURY | トラックバック(-) | コメント(-)