FC2ブログ
ホーム > 40 MERCURY > 1940 MERCURY

1940 MERCURY



 M本さん の  ”  1940 CHOPPED MERCURY ”


アメリカから 輸入した 車両の 不具合 部分の 修正と

好みに リメイク プロジェクトを 進めて いまして 


gglhhjh;jふぴ (3)


フロントランナーを 変更するので これまでの 補機類は 

撤去して、 新しい キットの 取り付けが はじまりまして


今回 40 MERCで 使用するのは ”  MARCH BRACKET ”


gglhhjh;jふ5ぴ (10)1


補機類 全てを 取り付ける ベース部分は

戦国時代の 武将の 兜みたいですが


仮組み、 組み立てで 傷付けないよう 養生したら


gglhhjh;jふ5ぴ (12)1


新しい ガスケットを 使い、 組付けを 開始しまして


新しい フロントランナーにすると、 ブラケット類が

びかびかに 綺麗に なりますが


gglhhjh;jふぴ (1)


うーん、 フレームや 足回り、 インナーフェンダーが

綺麗でないので、 今のままでは 違和感が、、、、、


そこで フロントランナーの 組み付けを ストップして 


gglhhjh;jふぴ (7)


出来る範囲で、フレームを ブラックで 塗ってみましたが


エンジンを 降ろさないと 綺麗に し切れず、 

パリッと しないので、 プラン Bに 変更。。。。。。 


だふぇwfqwg (3)


インテリアは アメリカで 張り替えして 間もないので

まだまだ 綺麗な 状態ですが


シートや ペダルの 位置が悪く、 運転しづらかったり、 


だふぇwfqwg (2)


オリジナルの ステアリング コラムを 加工した

リンケージの 作りが悪く、 きちんと 作動しなかったり


色々 手直しや アップデート 作業が あるので


shfjsrytkjtuketuk (4)


作業の効率と 仕上がりを 向上させるため

内装を 全部 撤去し、 広い スペースを 作ったら

 
ハーネスは 全部 引き直しするのと、 ダッシュボードも 


gglhhjh;jふ5ぴ (13)1


カスタム していくので、 ダッシュ裏や 室内の 配線類を 

MASATOが 全部 撤去して いきまして


合わせて、 車体の 下を 取り回している


gglhhjh;jふ5ぴ (14)1


テールランプや 燃料タンク、 エアサスの 配線も

河川敷くんが 撤去作業 進めまして


配線類の 撤去が 完了したら、  ステアリング コラムや

ダッシュボードも 撤去して、  広々 しまして


ぐんfbwk (2)


ファイヤーウォールに カーペットが 貼ってあったので


新しい ステアリング コラムや  パワーブレーキ、

ペダル類の 作業を 進めていくのに 邪魔になり


ぐんfbw
 

カーペットを 剥がそうとしたら、 ボンドを 塗って 貼ってあり


おりゃー と 引っ張って 剥がしていくと、 カーペットの 繊維が 

床面に 残ってしまい、 胸毛 ボーボー状態に、、、、、、


gglhhjh;jふぴ (5)


おまけに 下地に 室内全面に ダイナマットが 貼ってあり

ダイナマットの 表面に 胸毛が ボーボーに 残ってるので


剥がそうとすると 表の アルミテープが ちぎれてしまい

ブチルテープが 全部 床に 残りますの 刑、、、、


gglhhjh;jふぴ (6)


経験したことが ある方なら 解ると 思いますが

ダイナマット 剥がすの 超 超 タイヘン、、、、、、


嫌気が さしていたところに、 たまたま 用事で来た 

65 ルセーバの Oたきくんを  拿捕しまして


gglhhjh;jふぴ (4)


夜中まで 強制労働の 刑で 手伝ってもらい、 2人がかりで 

ダイナマットを 剥がしていき、  床に 残った ブチルは 


スクレーパーで 剥がして、 スクレーパーが 入らない部分は 

シンナーで 溶かして 拭き取る。。。。。 という 作業を


gglhhjh;jふぴ (8)1


室内 全面やってると、 手に 豆が出来て 破けるし、、、、

手袋や 靴も ブチルだらけで ゴミ箱行き。。。。


数日続けて、 ようやく 胸毛と ダイナマット、ブチルの 撤去が 完了 


VIVA !  M本 さん  &  VIVA! S庭 道場  !!!!!!!!!!



[ 2020/01/20 06:15 ] 40 MERCURY | トラックバック(-) | コメント(-)