FC2ブログ
ホーム > 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * > 1940 LINCOLN  ZEPHYR

1940 LINCOLN  ZEPHYR



 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から  ボディ マウント化 を 進めてまして


2019120507201450a1 (3)


BLOG の 更新が 全然 追いつきませんが


メタルワークを 終えた ボディに モールや

ガラスを 組み付けし、 ショーの 準備が 完了し


2019120507201450a1 (2)


ショーでは、 全部 作り直した フロアや アンダー、

タイヤハウスの 中まで 見てもらえるように


クルマを 持ち上げて 展示することに なりまして


2019120507201450a1 (1)


クルマを 持ち上げて、 全部 タイヤを 外してしまうと、 


写真を 撮っても クルマらしさや 車高感覚が なくなり、 

せっかく 写真 撮ってもらっても 見映えしないので


2019120507201450a1 (10)


通路側は タイヤを 履いたまま 持ち上げて 展示し

反対側は ホイールを 外して 展示することに しまして


持ち上げた 状態を 保持して 展示するので


2019120507201450a1 (9)


タイヤを 履かせる側は、 普段  アライメント調整を する際に


計測しながら 人が潜って 調整 出来るように 車体を 持上げ 

前輪に 計測機器を セットできるように 鋼材で 製作した


2019120507201450a1 (8)


架台を 2個、 艶消し黒で 塗装し直して 使用し


ホイールを 外す側は、 ハブボルトを 利用して

リジットラックに 取り付ける アタッチメントを 製作 

 
2019120507201450a1 (11)


デザインを 決めたら、 分厚い 鉄板を 切り出しまして 


ハブボルトを 利用して 取付するので、 ハブボルトの

PCD ピッチに合わせて  穴を 開けまして


2019120507201450a1 (12)


ホイールナットで 固定する 3箇所より 上の 飾り部分は

ウイング状に 切り出して、 溝を 作っていきまして


溝は フライスや マシニングなどの 機械加工ではなく、


2019120507201450a1 (6)


全て S庭師範が ディスクサンダーで 仕上げまして


ハブに 取り付ける プレートが 出来たら

リジットスタンドに 接続する 部分は


2019120507201450a1 (7)


リジットラックの 上に かぽっと 被るサイズの

鋼管を 切り出して、  外径に 合わせて


鉄板を 丸く 切り出して、 上に 被せて 蓋しまして


2019120507201450a1 (5)


プレートを 接合し、 力が 掛かっても プレートが

たわまないように  パイプから 削り出して


プレートと 上蓋を 渡した ブレスを 追加したら

ディスプレー用 アダプターが 完成です。


cytdhsz (1)


リジットラックが 見えてしまうと 格好悪いので

ショーの時は 黒い布で 隠して 展示しまして

 
タイヤハウス内まで よく見える、 カッコいい アダプターと なりました


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!



[ 2019/12/21 04:26 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)