FC2ブログ
ホーム > 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * > 1940 LINCOLN  ZEPHYR

1940 LINCOLN  ZEPHYR



 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から  ボディ マウント化 を 進めてまして


fghgdcfgh (3)


ボディ 本体と  各フェンダー、 両サイドの ドアまで

再生を 終えて、 次は トランクフードに 進みまして


トランクは トリムを シェイブした跡や、 凹みだらけ だったので

 
fghgdcfgh (2)


鈑金して 綺麗に したいけど、 スキンパネルと 裏骨の

袋構造なので  裏から 叩くことが 出来ませんで


スキンパネルと 裏骨を 切り離して、 スキンパネルを 板金し


fghgdcfgh (1)


スキンパネルの 裏側や 裏骨に 発生していた

錆も 綺麗に 除去したら、 錆び止め処理して


再び 接合して 組み戻して いきます 


jty0g8pgo (3)


スキンパネルは 裏骨を 抱き込むように 

外周部分を 折り返して 溶接してあるので


切断した 外周部分を 新しい鉄板を 切り出して

裏骨の 外周の カタチに 加工しまして


jty0g8pgo (4)


ドアの スキンパネルの 接合と 同じ様に


トランクの スキンパネルの 端を への字状に

曲げ加工を 施して いきまして


jty0g8pgo (15)


jty0g8pgo (17)


トランクの 裏側に 巻き込む、 耳部分も への字加工し


への字 どうしを 突き合わせて 溶接していくと

オリジナルの 鉄板を 折り返したような 形状を 再現。


jty0g8pgo (16)


jty0g8pgo (18)


裏骨と スキンパネルの 接合は、 オリジナルと 同様に 

全周を 溶接せずに 動いたときの 逃げを 作るため、 


ある程度の 間合いを 取りながら  スポット溶接で 接合し


56665656565654 (4)


トランクは 汚い シェイブ跡や 傷、 凹みの 修正を 

終えたら ボディに 組み付け されまして


建付け、 チリを 合わせて  組み立ても 完了。


56665656565654 (1)


これで ボディパーツが 全て 再生を終えて 組付けされたので、 


本来は 面出し、 塗装に 進む 行程ですが

あとは ショーで 見せるための 作業に 進みまして


hfghzfzhthdf (12)


K藤さんから ベアメタルで 出展したいとの 事だったので


メタルワークを 終えた ボディだけで 展示しても

上の写真のような 雰囲気では 映えませんので


hfghzfzhthdf (17)


ベアメタル ボディでも  モールや トリム、

グリルに ガラスなど 全部 組み付けして


光り物を 付けて、 クルマとして 完成させて いきます 


nfhdfxgz (31)


nfhdfxgz (33)


モールや トリムは、 アメリカから クルマを 輸入した際、

シェイブ してあった部分の パーツは 付属しておらず


欠品していたので 探して 集めて ありまして


nfhdfxgz (30)


モールや トリムも 傷や 凹みを 修正し、 軽く ポリッシュ。


ボディを 塗装して、 クルマを 仕上げる時は

モール類も 本鏡面まで 仕上げますが

 
nfhdfxgz (29)


nfhdfxgz (28)


今は ボディが ベアメタルなので、 そこそこ 光ってれば

じゅうぶん 見れるように なるのと


今 本鏡面仕上げに してしまうと、 これから 脱着するうちに


nfhdfxgz (27)


触るだけで モールは 傷が 付いてしまうので

また 全部 磨き直しに なるので


今回は 本鏡面が 10の 仕上がりとすると、 6程度。

 
hfghzfzhthdf (19)


タイヤは K藤さんの 希望の、 ファイヤーウォールの

670-15 で、 ワイドホワイトウォール。


ホイールは 精度が 重要なので 80年前の ホイールは パスし 


hfghzfzhthdf (18)


ZEPHYRの オリジナルの ホイールと デザインが 同じ、 

ARTILLERY を ホイール現代の テクノロジーで 再生した


リプロダクション品の クローム仕上げを 採用。


nfhdfxgz (18)


nfhdfxgz (20)


急ぎ早に なってしまいましたが、  こんな感じで


メタルワークを 終えた ボディ パネル類と 

モールや ガラスなどの 組み付けを 終えて

 
nfhdfxgz (12)


nfhdfxgz (17)


ベアメタルでは ありますが、 一旦 完成させまして


異様な 雰囲気の クルマ ですが、 今年は 

この状態で ショーに 出展させて 頂きました 


nfhdfxgz (22)


nfhdfxgz (24)


次は ショーの時に クルマを 持ちあげて ディスプレーする際に使う 

スタンドと ラックの 製作に 進みます

 
VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!



[ 2019/12/18 07:23 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)