FC2ブログ
ホーム > 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * > 1940 LINCOLN ZEPHYR

1940 LINCOLN ZEPHYR


 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から  ボディ マウント化 を 進めてまして


IMG_247fhxjhf6 (8)


少し 大き目に 作った ドアの スキンパネルを

ケガキを 入れて 切り出し、 周囲を への字曲げ。


溶接してしまったら 塗れなくなる 裏側に 錆止めを塗り


IMG_21sdfasdhgda48 (2)


IMG_21sdfasdhgda48 (4)


点付けで ドアの 裏側と 仮りで 接合したら、 

本溶接は 後ほど ドアを 外してに しまして


続いて ルーフと クォーターの間の 三角地帯へ


IMG_21sdfasdhgda48 (3)


ルーフを K藤さんの 理想の ラインに 作り直す際


ルーフ後半を 低くするため フロントガラス以降を 

沈めて 作り直したので、  ここの 三角地帯は


IMG_1lllol45215 (28)


ルーフが 低くなったのに 合せて、 ドアの サッシ形状

開口形状が 変わり、 以前よりも 面積が 小さくなり


俗にいう Bピラー部分に なりますが、 ピラーの 傾きが


IMkkjhgfygu656565G_1553 (17)


これまでよりも 起きた 形状に なるので


新しい ボディに 合せて とった 型紙と

摘出した 以前の 三角地帯の パネルを基に


IMkkjhgfygu656565G_1553 (20)

  
IMkkjhgfygu656565G_1553 (19)


新しい 鉄板を 切り出したら、  平らな 鉄板に  

アールや 膨らみを 付けて 成型していき


新しい 三角地帯を 再生し、 仮付け しまして


IMkkjhgfygu656565G_1553 (18)


IMkkjhgfygu656565G_1553 (21)


本溶接は 熱で 歪みが出てしまわないよう、


熱が 入らないよう、 溶接部分を 分散しながら

時間を 掛けて 全周 しっかり 溶接して いきしまして


IMG_21sdfasdhgda48 (13)


IMG_21sdfasdhgda48 (14)


左右とも 本溶接を 終えたら、 よく 冷まして

歪みが 引くのを 待って、 溶接跡を 仕上げまして


この後、 レインガーターを 再生して 取り付けていくので


IMG_21sdfasdhgda48 (15)


レインガーターを 取り付けると 蓋されてしまい

塗装が 出来なくなる 溝の 内側に


この段階で よく 錆止めを 塗りこんで おきまして


IMG_21sdfasdhgda48 (16)


ここは ルーフパネル、 クォーターパネル、 

レインガーターと 複数の パネルが 張り合わさり


接合部分が 溝に なっているので


IMG_21sdfasdhgda48 (18)


水が 溜まって 錆びやすい ポイント でして


ボディ剛性の 要部分が 錆びないように

錆び止め 処理が 重要です


IMG_21sdfasdhgda48 (17)


これで ルーフ周りの ボディと ドアの 腐食部分の 再生、 

チョップ トップの やり直しにともなう パネル製作を 終えまして


次は レインガーターの 再生に 進みます
 

VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!



[ 2019/11/22 06:43 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)