FC2ブログ
ホーム > 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * > 1940 LINCOLN ZEPHYR

1940 LINCOLN ZEPHYR



 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から  ボディ マウント化 を 進めてまして


llpoplkjIMG_2102 (6)


新しい ルーフパネルの 製作と 接合を 終え

次は ドアの 作業に 進みまして


ドアの スキンパネルは 既に 製作して ありますが


llpoplkjIMG_2102 (19)


これまでの 建付けや チリも 合ってなかったので

ピタピタの チリに やり直すため


ドアを 取り付けて 建付けを 合せたら


llpoplkjIMG_2102 (24)


ドアの 目地作り から やり直して いきます


新しい 鉄板を 切りだして、 ドアの エッジの 形状に 

合せて カーブさせたら、 端を への字に 曲げまして


llpoplkjIMG_2102 (27)


今回、 ドアチリは 全周 4mmに 決めて


ドア目地を 4mmの チリで 取り付ける 

ガイドとなる 治具を 製作して ボディに あてがい


llpoplkjIMG_2102 (28)


Sたろうくんが ボディとの チリを 4mm に 

合わせて  目地を 固定したら、 


S庭 師範が ドアに 点付け していきまして


llpoplkjIMG_2102 (22)


こちらは 運転席の ドアの 写真 ですが


ドアの 裏骨に、 端を への字に 曲げた 

鉄板を ボディとの 隙間を 4ミリで 合せて


llpoplkjIMG_2102 (21)


取り付けて いってるのが 解ると 思います
 

ドアの ボトムの 腐食や 損傷が 酷かったので

レストア する際に、 裏側を 摘出して


llpoplkjIMG_2102 (20)


表の スキンパネルの 作り直しだけでなく


裏側の 淵も 新しく 作り直して、 それ自体を

チリが 合う位置に 付け直している 作業ですね

 
llpoplkjIMG_2102 (23)


後ろ側だけでなく、 前側と 下側も  同様に 目地を 取付し


助手席側も 治具で チリを 合わせながら 仮付けしたら

両ドアとも  目地を 本溶接 していきまして  


llpoplkjIMG_2102 (16)


目地が 付いて、 これで ドアの 外寸が 決まったので

次は スキンパネルの 取り付けに 進みます


スキンパネルは 目地の 位置が 決まる 前に 作ってますが

 
llpoplkjIMG_2102 (9)


ぴったりの サイズで 製作すると、 目地の 位置によって

ボトム部分の カーブや アールが 合わなくなるので


実際の ドアより、 少し 大き目に 作ってありまして


llpoplkjIMG_2102 (10)


先に 上側の 窓枠部分の 建付け、 チリを 合せて

ドアの 裏骨に クレコピンで 固定したら


ドアの スキンパネルの 膨らみが 合うように 


llpoplkjIMG_2102 (8)


ドアの カーブしている 形状の 治具も 製作して


窓枠、 スキンパネルを 治具に セットしながら

建付けが 合う 位置を 探って いきまして


llpoplkjIMG_2102 (7)


スキンパネルを 仮組みして、 様々な 角度から

チェック していき、 ボトム部分の 複雑な


カーブ、 アール、 逆アールが 合う 位置を出し

 
llpoplkjIMG_2102 (11)


ケガキを 入れたら、  ドアの サイズに 合せて

スキンパネルの 淵を 切断し、大きさを 合わせまして


ドアの 上側の 窓枠部分と スキンパネルを 接合。


llpoplkjIMG_2102 (12)


上下 別々に 製作した ドアスキンを 全周 溶接して、 

1枚の パネルにすると、 どうしても 熱歪みが 出るので


イングリッシュ ウィールに 2人掛かりで 通して 修正し


llpoplkjIMG_2102 (13)


写真では 解りづらいですが、 スキンパネル側も

パネルの 前後と、 ボトム部分を への字に 曲げ


IMG_21sdfasdhgda48 (11)


IMG_21sdfasdhgda48 (12)


ドアに 取り付けて しまうと、 塗装できない 裏側を

事前に 錆止めを 塗って  仕上げて おきまして


塗装が 乾いたら、 ドアに 付けた 目地の への字の 先端と


IMG_21sdfasdhgda48 (2)


スキンパネルの 淵の への字曲げの 先端どうしを

突き合わせて 点付けしていき、 ドアが 合体。


本溶接は 作業し易いように ドアを 外して 行います


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!




[ 2019/11/08 08:16 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)