FC2ブログ
ホーム > 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * > 1940 LINCOLN  ZEPHYR

1940 LINCOLN  ZEPHYR



 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から  ボディ マウント化 を 進めてまして


IMG_1lllol45215 (25)


只今、 CHOP TOP の  やり直し 作業中。


K藤さんの 理想の ラインの ルーフに 合わせて

ドアの 窓サッシ部分の スキンパネルを 作り直し


IMG_1lllol45215 (24)


Aピラー、 Bピラーとの 角度、 傾き、 

建付け、 チリを 確認して いきまして


事前に 計測、 計算した 型紙に 基づいて


IMG_1lllol45215 (26)


サッシの 形状が 正しく 作れるように

治具を 製作して 作っているのと

 
サイドガラスの カタチ、 厚みに 合わせた 

 
IMG_1lllol45215 (29)


治具も 取り付け しながら 作っているので

ガラスと サッシの 建付け、 チリも 完璧。


まずは 助手席側の サッシを 先行して 製作し


IMG_1lllol45215 (27)


問題無い事を 確認したら、型紙を 反転して


全く 同じ 要領、 サイズ、 形状 で 運転席側の 

サッシ部分を 製作して いきまして


IMG_13ryur49 (1)


この やり方だと 完全に 左右対照の 形状に 作れ

クルマも 正しい シンメトリーで 作れます


フロントガラスの サッシ と Aピラー の 作り直しに 合わせて


ffgtIMG_1399 (4)


ドアの スキンパネルを 作り直したら

次は その ドアの スキンパネルに 合わせ 


スキンパネルの 内側の 作り直しに 進みまして 


ffgtIMG_1399 (5)


折り曲げて 角を 作った 鉄板を 5枚 

張り合わせて 強度を 出している


複合材の ドアサッシは、 チョップラインが 変わり


2IMG_1104 (4)


複合材は 溶接を 剥がして すべて 分離し

錆や 汚れを よく 落として 下準備 し


アメリカで 加工された ぐちゃぐちゃ の 部分と


IMG_1lllol45215 (14)


CHOPの ラインが 変わって 延長が 必要になる 部分、


Bピラー側の 形状が 変わり、 サッシの カーブの 

形状も 変わったので、 そこは 治具に 合わせ 


ffgtIMG_1399 (3)


オリジナルの サッシを 使う部分と、 ドアとの 

接続 部分に 綺麗に 連結できるよう


折り曲げや カーブ、 螺旋、 ラウンドを 再現して 


IMG_13ryur49 (7)


新規製作し、 内側部分を 再生 しまして


スキンパネルの 内側部分の 作り直しを 終えたら

次は そのドア形状に 合わせて 


ffgtIMG_1399 (1)


ボディの ドア オープニング部分の 作り直しに 進みまして


まずは ドアサッシ との 当たりになる 面の 

一番 内側の 作り直しから はじまりまして


IMG_13ryur49 (3)


ここは ボディの 梁で、 ボディ剛性の 

重要な かなめ部分なので


折り曲げて 角を 作った 鉄板を 4枚 と


IMG_13ryur49 (12)


レインガーターも 張り合わせて 強度を 出してあり

こちらも とても 複雑な 複合材 でして


それも 一度 溶接を ばらして  全て 分離し


IMG_13ryur49 (11)


IMryeuwuG_1405 (3)


作り直した ドアを 閉めた 状態にして


建付け、 チリ、 ドア ウェザーを 取り付けた時に

ゴムの 当たる面との チリなどを 合わせて


IMG_13ryur49 (8)


ドア オープニング 部分を 再生 していきまして


一見 平行の オープニングに 見えても、 ドアの 内側が 

テーパーだったり、 アール かけながら 螺旋状に なっていたりと


IMG_13ryur49 (2)


複雑な 形状なので、 それらも きちんと 再現しつつ、 


5枚で 構成される 複合材を きちんと 接合して

剛性も 再生できる 手順で 作っていきます
 

VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!




[ 2019/10/02 09:58 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)