FC2ブログ
ホーム > 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * > 1940 LINCOLN ZEPHYR

1940 LINCOLN ZEPHYR



 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から  ボディ マウント化 を 進めてまして


IMG_199kkiuu6 (73)


アメリカで チョップ してあった クルマ ですが、


構造が 悪くて、 ガラス が きちんと 収まらず

このままでは  雨漏り、 風切音 酷いでしょうし


IMG_199kkiuu6 (71)


溶接や 付け方を 見ても、  とても いい加減 なので 

強度も きちんと 確保 されてるとは 思えず 


このままでは、 強度不足で  ボディが 歪んでくるので


IMG_199kkiuu6 (64)


どんなに 綺麗で、 カッコいい 塗装を しても 

塗膜が 割れたり、  ガラスも 割れたり しますし


あっという間に ドアの 開閉が 悪くなるでしょうから 


IMG_199kkiuu6 (75)


そんな クルマに ならないように、 正しい 構造に 直しつつ


K藤さんの 理想の ルーフの ラインに 変更 していくので

一度 ルーフを 切り離して、 作り直して いきます


IMG_199kkiuu6 (76)


今の 造りの 悪い部分を 検証して、 どう 作り直していくか、


K藤さんの ラインに 合わせて ルーフを 作り直して いく際

どう 作れば そのラインで よりよい 構造になるか 検証し


IMG_199kkiuu6 (77)


どこで 切れば うまく 作っていけるのか 考えて

カットする ラインを 決めて マーキングし


ルーフの 切断 作業を 進めて いきまして


IMG_199kkiuu6 (78)


切断 作業は 全て ディスク サンダー で 行い

切断刃は 厚さ 0.8mm の 物を 使いまして


0,8mmの 刃で切ると、 ルーフの 面積から


IMG_199kkiuu6 (81)


刃の 厚み分の 0,8mmが 無くなるのも

きちんと 計算に 入れて  切断 部分を 選定。


フレーム も そうですが、 ボディも 誤差 1mm 以内で


IMG_199kkiuu6 (79)


IMG_199kkiuu6 (80)


進められて いるので、 0,8mm も 大きく 影響するので

切断する際に 無くなる 部分も しっかり 計算しながら


ルーフが 切断され、 クルマから 降ろされまして
 

IMG_199kkiuu6 (82)


写真では ルーフの スキンパネル を 1周を 切って、 

パカッと とれたような 感じに なっていますが


実際の クルマは そんなに 簡単な 構造ではなく


IMG_199kkiuu6 (83)


裏側の 補強材や 骨などを 複合させて 強度を 出してあり


これまでの フロアや ひな壇を 再生する 際に

事前に 全部 分解し、 摘出して あるので


IMG_199kkiuu6 (89)


今回は Aピラー と 外周だけを 切断すれば

ルーフを 外せるように なっていた 次第です


無事に ルーフを 摘出し、 ボディだけに なりまして


IMG_199kkiuu6 (88)


ルーフを 切ると、 ルーフで 前後左右を つないで 

ボディの 剛性を 出していたのが 解放されてしまい


靴を 買うと 入っている 箱が、 蓋を してれば 硬いけど


IMG_199kkiuu6 (86)


蓋を 外すと、 残った 箱が やわやわに なるように


クルマの ボディは ルーフを 切って 外してしまうと

残った 下のボディが ぼわっと 開いてしまいます。。。。


IMG_199kkiuu6 (87)


そうなると 開いたり 歪んだ ボディは 直せないので、、、、


そうならないように、 室内に 幾重にも 鋼材を 溶接して

歪み防止の 治具を 組んであるのが お解り 頂けると 思います


IMG_199kkiuu6 (85)


IMG_199kkiuu6 (84)


ルーフ を 摘出した 1940 ZEPHYRの ボディは、 

コンバーチブル みたいに なりまして 


どう リチョップ していくのか 楽しみです


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!



[ 2019/09/17 10:00 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)