FC2ブログ
ホーム > 40 MERCURY > 1940 MERCURY

1940 MERCURY



 M本 さん の  1940  MERCURY  COUPE


輸入 手配 を 進めてまして、  クルマ を 載せた 船 が 横浜港に 

到着したので、 通関 検査を 済ませて いよいよ FIT へ。


gdhsdgbv (7)


通関 手続き を お願いしている 業者さん から 電話が 来たので、 

通関 完了 なら 陸送 の 手配 を しようと 思ったら

 
「  今、 保税 倉庫 で 検査 の 手続きを してますが


gdhsdgbv (12)


  輸入申告 書類 と  車体 番号が 合いません。。。。。

  税関 からは、 通関 検査 は 通せないと 言われてる 」


とのことで、  それは それは  ナニヨリ です。  


gdhsdgbv (19)


「  ナニヨリ じゃねぇよ! 」  と  M本 さん に 怒られそうですが、  

税関 からは 書類 と  品物 が  不一致 ということで、、、、、


「  日本への 輸入は 認められないから、  アメリカ へ 送り返せ 」 

とも 言われてるそうで、  それも それで  ナニヨリ ですね。。。。。。


gdkkllll (5)


「  それも ナニヨリ じゃねぇよ! 」  と、 またまた

M本 さん に 怒られそうですが、 


アメリカ に 送り返す だなんて、  税関 も 随分 パンチの ある

面白いこと 言うんだなぁ と 感心 してましたが


gdkkllll (6)


どうやら、  リアル ガチな 話に なってるようで

通関 業者さん も  かなり 困ってる ようなので、、、、、


本当 に 送り返しに なったら、 スケジュール も

輸送費 も たまった もんじゃ ありませんので


gdkkllll (8)


何が どうなってるのか 状況 を 確認しに 税関 に いきましたら


アメリカで 作った 輸出の 書類に 記載されてる 車体番号は

”  99A220000 ” で、 クルマ が アメリカに あったときの 


TITLE を 基に 書類 を 作ってるので、 書類上は あってますが


gdkkllll (7)


 車体 に 取り付けされている 車体番号を 見たら

”  C291210105A ”  と   打刻 されてまして


うーん、、、、、、  それって  車体 番号 ではなく

TITLE の 管理番号 なんですけど。。。。。。。


gdkkllll (2)


プレート は オリジナル品 ではなく、 新しかったので


恐らく  MUSTANGⅡ と、  エンジン を 載せ替えて

ファイヤー ウォール を 作り直した 際に


gdkkllll (9)


オリジナル の プレート は ボロいのでと  撤去して

新しい プレート を 使って、 付け直したのと 思いますが


その際に 車体番号 ではなく、  間違えて TITLE の 

番号を 打刻 して しまったようで


gdkkllll (4)


輸入 申告 書類 に 記載した 車体 番号 と 車体 に 

取り付けされている 番号 が 合わなかったようです、、、


そんな事で クルマ が アメリカに 送り返されたら えらいことなので
 

gdkkllll (11)


アメリカ には、 クルマ を レストア した 際などに  

車体番号 の プレート も 新調 できるように


メーカーや 車種、 年式に 合った プレート が 売ってて、 


gdkkllll (10)


文字 や 番号を 伝えれば、  入れて 作ってくれるので

新しい プレート を 作って 取り寄せ しまして


FIT にある ZEPHYR達 の プレート も ぼろいので、 

この際 に ついでに 新調 しておきまして


gdkkllll (12)


ポンチで 打刻する 際、 曲がったり、 段差が できたり

文字 に 濃淡 が できると  みすぼらしいので


同じ 厚みの プレートを 用意し、 ポンチ を 打つ 練習 を 

よく してから、  正しい 車体番号 を  打刻 しまして


gdkkllll (13)


これで 正しい 車体番号の プレート が 出来たので、  


夜中に こっそり、 税関の 保税倉庫に 忍び込んで、 

車体番号 の プレート を 付け替えて こようと 


次は ” 忍び足 ” と  ” 隠れみの術 ” の 練習 に 進みます




[ 2019/08/07 15:00 ] 40 MERCURY | トラックバック(-) | コメント(-)