FC2ブログ
ホーム > 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * > 1940 LINCOLN ZEPHYR

1940 LINCOLN ZEPHYR



 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から  ボディ マウント化 を 進めてまして


あgsfSDg (1)


バイアス タイヤ で スラムド に 対応する


リア の インナー フェンダー と

ひな壇 の 製作 を 終えまして


あgsfSDg (3)


続いて  ルーフ の 重みを 支えている 裏骨 と


リアガラス、 トランク フード の 重みを 支えている

裏骨 を 再生し、 接続 していきます


ghgfhsggsf (1)


写真 は  フレーム や サイドシル を 

再生する 前に 撮影した ものですが


ルーフ の 裏側 に 溶接 されてる ブレス は


ghgfhsggsf (3)


ghgfhsggsf (2)


途中 で 分岐し、 片側 は ドア ポスト の 

ボトム 部分 に 接合され


もう 片側は、 インナー フェンダー に 接合し


fhjsfs (4)


ルーフ の 荷重を 逃がす 構造に なっていまして


リアガラス の 後ろ側 と、 トランク フード の

ヒンジ が 付く 部分 の 裏側 にも

 
fhjsfs (2)


それらの 荷重 を 受け止めて、 支えるための

裏骨 が 取り付け されていまして


それらも インナー フェンダー に 接続 して、


fhjsfs (1)


fhjsfs (3)


荷重 を 逃がす 構造 に なって いまして


前側 は ファイヤー ウォール や Aピラー の

ボトム に 接続 し、  ルーフ は 前後 の ガラスを 含め


あgsfSDg (8)


重さで いったら  200kg くらい かと 思いますが


走行中 に 段差で 跳ねたり、 カーブ で ねじれたり と

ボディ や ルーフ が 歪もうとするほどの 荷重 が 掛かると
 

あgsfSDg (2)


これらの 裏骨 が きちんと 機能 していないと


ボディ が 歪んでしまい、  ガラス や 塗装が

割れたり、 ボディ自体にも 亀裂が 入ったりするので


あgsfSDg (7)


裏骨 は、 ボディ 剛性 の 要 ですね


タイヤ に 合せて 形状を 変えて 作り直した

インナー フェンダー の 形状に 合うように


あgsfSDg (6)


かつ、 腐食 している 部分 は しっかり 再生 して

強度 も 復元して いきます 


裏骨を 接合する 前に インナー フェンダー に 


あgsfSDg (4)


あgsfSDg (5)


フェンダー を  取り付けて、 しっかり チリ合わせ したら


腐食して  強度が 無くなっている 部分で 切り落とした

裏骨 と インナー フェンダー の 型紙を とりまして


あgsfSDg (10)


強度 が 必要な 部分 なので、 オリジナル と 同じ

1,6mm の 鉄板 を 使い、 切り出しまして


4面張りで、 プラス 耳がある 形状に 製作 していきます

 
あgsfSDg (11)


新しい インナー フェンダー の 形状に 沿わせて

裏から スポット溶接 で 接合 させるので


形状 は、 カーブ、 ひねり、 螺旋 が 入り乱れた


あgsfSDg (12)


あgsfSDg (13)


複雑な 3D 形状 に なるので、 形状 が 狂わないよう


曲げた 板を 筋違 や 歪み防止 の 補強を 入れながら 

貼り合せて いきまして、  ややこしや ですね


あgsfSDg (17)


あgsfSDg (18)


4面張り の ボクシング 加工 に しつつ、 

耳を 残す面も あるので


ウォーター スライダー  の コース みたいですが


あgsfSDg (14)


インナー フェンダーに 沿わせて スポット溶接 しつつに


裏骨 を ボディ マウント部分 にも 接合 させまして、
 
さらに 荷重を しっかり 受け止めさせます


あgsfSDg (15)


製作 した 裏骨 を 途中で 切り落としてあった

オリジナル の 裏骨 に 接続 し


写真 では 解りづらいですが、  インナー フェンダー に 


あgsfSDg (16)


沿ってる 部分の 裏側は、 インナー フェンダー との

クリアランス を ぴたぴた に 作ってあり

 
それぞれを スポット 溶接 で 接合 しまして、


あgsfSDg (19)


裏骨 の 先端 は ボディ マウント部分 に 溶接 され


新しい インナー フェンダー の 形状 に 合せた

裏骨 製作 と  インナーフェンダー への 接続 が 完了


あgsfSDg (20)


次は リアガラス と トランク ヒンジ 付近 の

裏骨 の 接合 に 進みます


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!




[ 2019/05/29 00:52 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)