FC2ブログ
ホーム > 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * > 1940 LINCOLN ZEPHYR

1940 LINCOLN ZEPHYR



 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から  ボディ マウント化 を 進めてまして


klkj585899 (73)


完成 した トランク フロア と ひな壇 部分 を

ボディ に 組み込んで いくので


まずは 事前 に 製作 した、 フロア の ブレス と 


klkj585899 (2)


klkj585899 (3)


クレコピン を 使って、 仮り組み しまして


フロア と ブレス は 大きい 一体物 になり、 

2人掛かり で 作業台 から クルマに 運び


klkj585899 (4)


ボディ マウント の ブラケット と 位置を 合わせて

取り付け されまして


定盤 の 上で 寸法が 狂わないよう 作っているので


klkj585899 (6)


klkj585899 (5)


こんなに 大きな 物でも、  ピタッと 合いまして

製作 精度 が 高いのに 感心 します 


クルマ に きちんと 合っているのを 確認 したら


klkj585899 (8)


klkj585899 (7)


完成 した トランク フロア と ひな壇 部分 を

ボディ に 組み込む前に


事前 に 製作 した、 フロア の ブレス と 


klkj585899 (37)


フロア を 貼り合せて、  一体化 していきます


ブレス に フロア を 溶接 したら、 密閉 され

後で 錆止め を 塗れなく なる部分 は


klkj585899 (33)


事前 に 錆止め を 塗って、 処置して おきまして


ブレス に 合わさる フロア 部分 も 同様に

事前 に 錆止め を 塗って おきまして


klkj585899 (34)


klkj585899 (32)


それぞれ の 錆止め が 乾いたら、 ブレス と フロア を

合体 させて 位置が 狂わないよう  クレコピン で 仮り組みし


スポット 溶接 で それぞれを 接合 していき、 接合 完了


IMG_12287204 (1)


IMG_12287204 (2)


ボディ に フロア と ブレス を 組み込む際 に

斜めに 滑り込むように 入れて いきますが


フレーム 最後端 の クロス メンバー と


IMG_12287204 (3)


IMG_12287204 (4)


フロア の ブレス が  ギリギリ に なるので


ブレス に 干渉 しないように、  クロスメンバー を 

凹ませて  ”  スライス 加工 ”  を 施しまして


IMG_12287204 (5)


接合 を 終えた フロア と ブレス を 組み込みし

ボディ マウント を 入れて  ボルト で 固定 されまして


トランク フロア と ブレス の 組み込みが 完了


IMG_12287204 (7)


下から 覗いてみると  こんな 感じ。


スラムド 状態 や、 低く 走っても、 燃料 タンク や 

バッテリー ケース は 擦らない 高さ に 設定 し  


IMG_12287204 (8)


デフ が 一番 上に 上がっても、  エアサス の 配管、  

燃料 の 配管、 ブレーキ 配管 も 触れるように  


スペース は 余裕 を もたせて ありまして


IMG_12287204 (6)


メンテナンス性 も 宜しいようで  ナニヨリです。

次は リア の インナー フェンダー 製作 に 進みます


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!




[ 2019/04/25 07:30 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)