FC2ブログ
ホーム > 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * > 1940 LINCOLN ZEPHYR

1940 LINCOLN ZEPHYR


 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から  ボディ マウント化 を 進めてまして


klkj585899 (49)


トランク フロア と ひな壇 部分 の パネル が 完成 し

バッテリー を 収める ボックス 製作 に 進みまして


採寸 した 型紙 を もとに、  鉄板 を 切り出していき


klkj585899 (48)


今度は  形が アイアン クロス ですね


バッテリー は 充電 すると  希硫酸 ガス が

発生 して、 キャップ から 出てくるので


klkj585899 (47)


希硫酸ガス は 金属を 錆びさせる 原因 に なるので


エンジン を 掛けている際に  ガス が トランク や

バッテリー ケース に  充満 しないよう


klkj585899 (46)


ケース の 上になる 部分に ルーバー 加工を 施し

換気用 の スリット を 作って おきまして


続いて、 穴を 開けて  治具 で プレス して 


klkj585899 (45)


凹凸を 付けた、 バッテリー ケーブルを 通す 穴 と  

底面 の 水抜き の 穴を 作り


底面や 側面になる 部分 に  補強 で ビード を 施工。


klkj585899 (44)


klkj585899 (43)


アイアン クロス の 状態 で 済ませておく 

加工 を 終えたら、  


折り紙 の ように 底辺 を 基準 に 曲げていき


klkj585899 (42)


ルーバー 部分 は トランク フロア の 

インナー フェンダー 部分 に 絡むので


折り曲げる 角度 を 合せて 曲げていき


klkj585899 (41)
 

klkj585899 (40)


角 は 真四角 ではなく、 緩やかな カーブに なるよう

角を 丸めて ラウンド状 に 折り曲げていき

 
仮点け して  形状 を 確認 したら、  本溶接 へ


klkj585899 (38)


しっかり 全周 を 本溶接 したら、  溶接跡 を

綺麗 に 仕上げていき、 ケース が 完成


ケース が 完成 したら、 トランク フロア の


klkj585899 (36)


埋め込む 部分 の パネル を 切開 して

ケース を 取り付ける 位置に セット し


間口 を 全周 溶接 して  フロア に 一体化 し

 
klkj585899 (35)


裏側 は バッテリー ケース の 間口 サイズ に 合わせ


フロア パネル と ケースの 側面 を 渡す、 補強 の 

L型 プレート を 製作し、 スポット 溶接 しまして

 
klkj585899 (31)


切開 して 摘出 した  フロアパネル の 表面 は

バッテリー ケース の 蓋 と して 使うので


蓋 に する 加工 を 施して いきます


klkj585899 (30)


プレス して、 凹凸 を 作って 穴を 開けた 鉄板 を

サイズ を 合せて 丸く 切り出しまして


位置を 合せて  表の パネルに 同じ 大きさの 穴を 開け

  
klkj585899 (29)


凹凸 を 付けた 鉄板 を 移植 し、 埋め込みまして


鉄板 を 切り出し、 穴を 開けた バー を ふたつ

製作 し、 ひとつには 所定の 位置まで 回すと  


klkj585899 (28)


はまる ピン と、 パネル側にも 穴 を 製作。  


ピン位置 を 保持する 構造に するため 

スプリング を 入れて、  テンション を 合わせ


klkj585899 (27)


klkj585899 (26)


ナイロン ナット で  固定 すると、 バッテリー ケースの 

蓋 の 鍵部分 が 完成 しまして


レバー を 回すと、 開閉 の 位置に 合わせて 


klkj585899 (24)


klkj585899 (23)


裏側 の レバーが 周り、 ロックする 構造 ですね


蓋の 全周に 耳を 作って 補強するため

鉄板を 切だし、  全周 溶接 しまして 


klkj585899 (25)


蓋の 裏側にも ハット曲げ の 鉄板 を 溶接し

ぺけぺこ しないように 補強 しておき


バッテリー ケース内 には、  蓋 が 落ちないよう


klkj585899 (22)


表 が ぴったり 同じ 高さ に なるよう

蓋 を 受け止める ガイド を 製作。


ケース内 の 側面 に ガイド を 溶接 し、


klkj585899 (10)


klkj585899 (9)


バッテリー ケース の フロア への 組み込み と

蓋 の 製作 が  完了 です


換気の ルーバー と、 ケーブル穴も こんな 感じで 


klkj585899 (21)


配線 も 取り回しやすい 位置 に 穴が 来ており

全体 の 仕上がり も ご覧の通り、 超ハイクォリティー。


次は ブレスと 合体させ、 クルマ への 組み込みに 進みます


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!




[ 2019/04/21 06:33 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)