FC2ブログ
ホーム > 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * > 1940 LINCOLN ZEPHYR

1940 LINCOLN ZEPHYR



 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から  ボディ マウント化 を 進めてまして


pplloolkl89 (1)


リア ボディ、 クォーター パネル、 トランク 部分 を  

ぶった切って 作業性 を アップ させたら


ひな壇 の 上の ブレス、 パネル を 製作 し


pplloolkl89 (2)


トランク フロア の ベース 製作 に 進みまして


トランク の フロア の 下には、 燃料 タンク が

設置 されるので、 位置 と 取付方法 を 検証 し


klkj585899 (90)


klkj585899 (89)


フレーム 最後端 は、 ボディ マウント化 するので


斜めに 切断 して、  ボディ マウント の ブッシュ、

ボルト を 取付できるように  作り直しまして


klkj585899 (91)


ひな壇 の 後ろ で、  ルーフ や トランク、

クォーター パネル の 荷重 を 受け止める


ボディ マウント を 設置 するので、 

 
klkj585899 (88)


型紙 を とって、  鉄板 を 切り出したら

  
トップ の プレート の カーブ に 合せて

曲げていき、 裏に 補強 の プレート も 追加


klkj585899 (87)


それら を 溶接 して、  溶接 ビート を 仕上げて、 

ボディ マウント ブラケット を 製作 しまして


メイン フレーム の ひな壇 後ろに 溶接 したら

 
klkj585899 (1)


メインフレーム に ボディ が 乗っかりますが


トランク に 荷物 を 積んだり、 トランク下 に

燃料タンク を 吊ったりと 荷重 が 掛かるので


klkj585899 (85)


板 で ボディ を 作っていくと 強度 が 足りないので


裏骨 の ブレス で 骨格 を 形成 したうえに

トランク や ひな壇 の パネル を 作っていきます


klkj585899 (86)


トランク の フロア下 には 燃料 タンク を

吊り下げて 設置 しますが


裏骨 に タンク の 座り が よくなるように、 


klkj585899 (83)


klkj585899 (82)


フラットバー を 切り出して  波型 に 折り曲げて

燃料タンク の 前後 に 取り付けることで


タンク の 位置 が 決まる ガイド に なりまして


klkj585899 (84)


続いて  燃料 タンク を 吊る  ストラップ は

燃料 タンク に 付属 している 物を 使いますが


ストラップ を 取り付ける ブラケット が 無いので


klkj585899 (81)


タンク の 寸法 に 合うように  吊元を 製作


65L 燃料 を 入れると 重さも 出るので、

強度 を 確保するため、  厚めの 鉄板 を 切り出し


klkj585899 (80)


前側 は  ストラップ を 引っ掛ける 構造 なので、 

吊り下げる ピンを 貫通 させて 溶接。


吊元 は 荷重 が 掛かっても 溶接が 剥がれないように するため
  

klkj585899 (78)

 
klkj585899 (79)


裏骨 に しっかり 接合 するため、 ベース プレート を

溶接 することで  溶接しろ を 確保 する 構造にして、


プレート は 裏骨 に しっかり 全周 溶接して 接合。


klkj585899 (77)


後ろ側 は ストラップ の 後端 に ボルト と ナット を 

締めて ブラケット に テンション を 掛けると、


タンク は 裏骨 に ガッチリ 押し当てられて  固定 されます  


klkj585899 (76)


燃料 タンク の 位置出し の ガイド と 吊元 が

完成 したら、  ひな壇 部分 の 裏骨 も 製作。


後に フロア になる パネル を スポット溶接 するので    


klkj585899 (75)


溶接しろ に なる面を 作りつつ、 角 を 多用することで  

強度 を 出したいので 


鉄板 を ベンダー で ハット型 に 折り曲げていき、

 
klkj585899 (72)


メインフレーム や ひな壇 の 形状に 合せて

ハット型 の 鋼材 を 加工 しながら 


カーブ、 コーナー を 作って  連結して いきまして、


klkj585899 (71)


ボディ マウント に なる 部分、  燃料 タンク から

給油口 までの パイプ が 通るので

 
当たらないように 裏骨 を スライス して  逃がす 部分、  


klkj585899 (70)


燃料 ホース を 取り回すので、  クリアランス を

確保 するため、  裏骨 を スライス した 部分 など


複雑な 形状 に なりますが、 それでも ハット型 の 鋼材は 


klkj585899 (74)


どこにも 段差 や 切れ目 が ないように

全部 綺麗 に つながるように 加工 することで


見た目 を 整える 意味 も ありますが、 


klkj585899 (73)


きちんと 応力、 荷重を 逃がすように 

作りこんで あります


次は トランク フロア 製作 に 進みます


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!




[ 2019/04/11 02:44 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)