FC2ブログ
ホーム > 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * > 1940 LINCOLN ZEPHYR

1940 LINCOLN ZEPHYR



 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から  ボディ マウント化 を 進めてまして


kkiiuuj (22)


kkiiuuj (20)


リア の ショックウェーブ を 取り付ける 

サブ フレーム を 仮溶接 で 組み立てし、 


メインフレーム に 接合 する  両端 部分は


kkiiuuj (24)


kkiiuuj (25)


ショックウェーブ の ストローク や、 デフ の 高さの

関係 から、 サブフレーム の 鋼材 半分が 


メイン フレーム より 上に 出るので、 蓋 を しつつ


kkiiuuj (23)


車重 が 掛かる クロスメンバー を しっかり

メインレール に 接合し、 強度 を 上げるため


アール状 の メインレールに 合うよう、 摺合せまして

 
kkiiuuj (18)


kkiiuuj (19)


一見、  斜めに 切り落としたように 見えますが


実は 複雑な 3D 形状 なので、 とても 難しく

摺合せるにも かなりの 高度な 技術が 必要。


kkiiuuj (26)


kkiiuuj (27)


両端 の 形状 を 整えたら、  本溶接 に 進みまして


ボディ マウント化 して、 ボディを 受け止める ことになる

ボディ マウント ブラケット 部分 に


kkiiuuj (30)


車重 を 受け止める、 ショックウェーブ の

アッパー マウント 部分 は 強度が 必要なので


6mm の 厚い 鉄板 を 使って 構成 し、


kkiiuuj (29)


裏側 の 入り組んだ 狭い 部分も 全て 全周 溶接。


全て TIG 溶接 で 作っていますが、  この 狭い部分は

スペース的に TIG 溶接機の  トーチが 入らないので


kkiiuuj (31)


どうやって  全周 溶接 しているか 解った方、

メール で 答えを 送って くださいませ


正解 された 方には、 EL-CLASSICO オリジナルの

レザー キーホルダー を 進呈させて 頂きます

 
kkiiuuj (32)


kkiiuuj (28)


本溶接の 熱で 歪みが 出ないように 溶接 していますが


サブフレーム は 本溶接 を 終えたら、 一晩 置いて

歪みを 出しきってから、 測定 しまして


kkiiuuj (34)


歪み が なく、 問題 ないことを 確認 したら

メインレール に 仮溶接 して 組み付けまして


本溶接 は フレームオフ した 後に 行います


kkiiuuj (33)


トライアングル の 4リンク を セットアップ し


正しい 位置、 角度 に アーム を 取り付けると

アッパーアーム の ブラケット は


kkiiuuj (38)


ひな壇 に 干渉してしまう 位置に 来てしまったので

やむ得ず ひな壇 部分 の ボディ を 切開 し


少し 室内 に 食い込んできて しまいうので


kkiiuuj (40)


リアシート が 無い 3W クーペ なので、 シート や

内装 に 影響 は ありませんが、 


アッパーアーム が 食い込んだ 分を 逃がしつつ
 

kkiiuuj (39)


出来るだけ 出っ張らない 形状 に なるよう


鉄板 を 切り出し、 補強 の リブ を 入れた

パネル を 作って  ひな壇 に 接合 しまして


kkiiuuj (41)


次は Cノッチ して これまでよりも 上がってくるように なった

プロペラ シャフト と、  センター トンネル 加工 に 進みます


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!



[ 2019/03/21 05:21 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)