FC2ブログ
ホーム > 37 LINCOLN ZEPHYR SEDAN > 1937 ZEPHYR SEDAN

1937 ZEPHYR SEDAN



 1937  ZEPHYR、  4ドア セダン  


愛知県 の KS BODY WORKS さん に お願いして

新しい プロジェクト を 進めて もらってまして


fxhjfgxhjf (2)


フロント の MUSTANGⅡ クリップ化 を 終え


実際 に 使用する、 LS3 エンジン と、 

4L60E ミッション を 合せてみながら 


66566598989898 (2)


適切な 位置を 導き出したら マウント の 製作 へ


エンジン の 前後 左右 の 傾斜 も 合せたら

オリジナル の LS3 エンジン の エンジン マウント は

   
66566598989898 (3)


高年式車 の モノコック ボディ用で  とても 大きく、 

MUSTANGⅡ クリップ には 使いずらいので


スモールブロック用 の マウント を LSエンジン に 流用できる


66566598989898 (4)


変換 KIT が 存在するので それを 使いながら


メイン フレーム と、 クロスメンバー に 渡すように

マウント ブラケット を 製作。


66566598989898 (5)


エンジン 位置 が 決まると、 おのずと  ミッション の 

位置 も 決まるので、  ミッション マウント を 取り付ける 


ミッション マウント ブラケット を 製作 しましたら 


66566598989898 (6)


続いて リア サスペンション の  4リンク化 に 進みまして


オリジナル の リーフ スプリング & リア アクスル から

トライアングル 4リンク & FORD 9” デフ に 変更 となり


66566598989898 (7)


RIDE TECH製 の 4リンク KIT を 取り付ける 部分 は  

フレーム が コの字型 なので、 補強のため 型紙 を とって  


新しい 鉄板 を 切り出して、 内側 に 貼って ボクシング加工 したら

 
66566598989898 (8)


デフの 傾き、 4リンク の アーム角度 を 合せる 治具 を 製作 し


Currie Enterprises に 今回 の プロジェクト内容 に 合せて

トレッド幅、 ファイナル比、 ブレーキ などを 指定して 


66566598989898 (9)


CURRIE で 全ての 組み立てと 調整を  終わらせてきた 

新品 デフ & リアエンド を  治具 に セット。 


4 リンク の アーム、 ブラケット位置 を 導き出していき


66566598989898 (11)


点付け で 一旦 取り付けしたら、 実際 に リンク を 

動かしながら 不具合 や 無理 が 無いか 確認 しまして


自動車工学 に 基づいた、 正しい 制動になる 位置 が 出たようです


66566598989898 (10)


どんなに いい パーツ を 使っても、 組み方を 間違ったら

いい クルマになる どころか、 死の 危険に さらされるので


”  造り方 ”   ” 造る人 ”   とても 重要 ですね


VIVA !  KS BODY WORKS !!!!



[ 2019/02/10 22:47 ] 37 LINCOLN ZEPHYR SEDAN | トラックバック(-) | コメント(-)