FC2ブログ
ホーム > 37 LINCOLN ZEPHYR SEDAN > 1937 ZEPHYR SEDAN

1937 ZEPHYR SEDAN



 1937  ZEPHYR、  4ドア セダン 


KS BODY WORKS さん に お願いして

新しい プロジェクト を 進めて もらってまして


126565656565 (2)


先日 必要な パーツ が アメリカ から 到着 し

いよいよ 本格的 な 作業 が はじまりまして


まずは フロント フレーム の MUSTANGⅡ化 から。

 
126565656565 (1)


今回、 FATMAN の STAGE Ⅳ を 使うことにして


FATMAN に 36-40年 ZEPHYR用 の ラインナップ が 

あるので  注文 して 作ってもらいまして


126565656565 (3)


既に エンジン、 ミッション を 降ろして 

オリジナル の 足回り も 撤去 し

 
スタンバイ していた フレーム に セット しまして


126565656565 (12)


はい、  出ました ”  トレッド 合わず  付きません の 刑 ”


おまけに アッパー アーム の ブラケット は フレーム の 

形状 に 合っておらず、 角度 が 合いません の 刑。


126565656565 (8)


無理 に 付けたら  キャスター角 が 大きく 狂い


アライメント とれないほど ジオメトリ が 崩れますので  

車種別 KIT とは 思えない 品質 で、 お話に なりません


126565656565 (4)


「  でたよー、  全然 あわねーじゃんよー、、、、、


   まぁ、 所詮 FATMAN だから、   ある 程度は 

   覚悟 してたから、、、、 まぁ、 なんとか するよ 」


126565656565 (5)


と、  取り寄せた パーツ が 合わなくても


「  合うやつ 取り直せよ 」  なんて 言わずに

ナンとか してくれるので  心強い ですね 

 
126565656565 (6)


で、 結局 いつもの パターン で  アーム の

付け根 の 手前 で  フレーム は 切り落とされ、


MUSTANGⅡ フレーム を 正しい ジオメトリ に 組んで


126565656565 (7)


それを ホイール ベース が 狂わない 位置 に セット し


合わない フレーム 部分 を 作り直しながら

つないでいく という 作り方 に なりまして
 

126565656565 (11)


「 37 ZEPHYR用 を 作れます 」  という FATMAN を 信じ


それなら 組む人は 楽になると  選んで 頼んだ 

FATMAN IFS は  結果、 手間 が 増えただけでして、、、、、


126565656565 (9)


結局、  宇田 さん は 現物 合わせで、  FATMAN の

MUSTANGⅡ KIT の パーツ を 使って


ナロード したり、  サブフレーム 製作した感じで セットアップ。。。。 


46566.jpg


MUSTANGⅡ KIT は、 メーカー が 強度 計算して

作った パーツ を、  説明書 に 記載 されてる 


指定された 位置に 取り付けていく 簡単な KIT でもありますが


fxhjfgxhjf (9)


マイナーカー や、  ナロード化、 大径 スラムド 仕様 など


イレギュラーな クルマ 作る 際には、  こういう 事態に 陥る 

可能性 が 極めて 高いので、 


hzdfgsdf (2)


そうなっても  サスペンション 構造 を きちんと 理解 してて


現物合わせで  適切 な 強度、 加工方法 で 作り直せる 

技術 を 持ってる人でないと 正しい 対処 が できないので  


fxhjfgxhjf (8)


宇田さんに 頼んでて 良かったです。。。。。。


パーツ メーカー の ミス で 作業 が 停滞 することもなく

LS3 エンジン の 位置決めへと、 作業 は 進んでいき


hzdfgsdf (1)


ミッション と フロア、 センター トンネル の クリアランス、


プーリー も 仮組み して、 プーリー や オイルパン と 

フレーム の クロス メンバー、  ギアボックス との 位置関係、


fxhjfgxhjf (3)


マフラー を 作る際 の とりまわす スペース や


エンジン に エンジン カバー を 付けた場合 の

ファイヤー ウォール との クリアランス に

 
fxhjfgxhjf (4)


ラジエーター を 脱着 できる スペース など 

あれこれ 一杯 考えないと いけない事 山盛りで


一番 いい エンジン&ミッション 位置 を 模索 していくと


fxhjfgxhjf (5)


ここだね! って うまく 収まることが できれば ラッキー、、、、、


でも 実際 は そんな 都合良く いく 訳もなく、 今回 は 

”  エキマニ と ファイヤー ウォール 当たりますの 刑 ” 


fxhjfgxhjf (7)


全部 うまく 収まらない 場合 は、  どこを 優先 して、  

どこを 犠牲 にするかの  せめぎあい になり、 


どの 作業が 楽か  大変かも ありますが


fxhjfgxhjf (6)


苦労 を 避けず、 ”  クルマ として  正しい 造り ”  

を 優先 して 作業 する 姿勢 と 技術 があるので


やっぱり 宇田さん に 頼んで 良かったです


VIVA !  KS BODY WORKS !!!!




[ 2019/02/06 22:03 ] 37 LINCOLN ZEPHYR SEDAN | トラックバック(-) | コメント(-)