FC2ブログ
ホーム > 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * > 1940 LINCOLN ZEPHYR

1940 LINCOLN ZEPHYR



 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から  ボディ マウント化 を 進めてまして


uo;tlugi (10)


サイドシル 部分 の 内側 に なる プレート を

1ピース に つないで  錆止め を 塗りまして

 
塗装 が 乾いたら、  インナーロッカー に 溶接 し


uo;tlugi (11)


両端 は カーブ や 段差 を 乗り越える際など

ボディ が 歪んだり きしんだときに


サイドシル、 ロッカー 部分 は 大きく ねじれるので


4455877565 (8)


4455877565 (5)


ねじれる 力が 加わっても、  溶接 が 割れないように、  

全周 溶接 を 避けて  スポット溶接 にし


端末 部分 も タブ を 製作 し、  取付方 で 強度 を 調整


4455877565 (4)


続いて、 サイドステップ の 外側 になる パネル は 

長い 楕円の リブも 入ってて、 カッコいいですね


こちらは インナーロッカー に 接合 すると


4455877565 (7)


内側 は 箱状 になって、  アクセス できなくなるので

溶接前 に 裏側 に 錆止めを 塗っておきまして


先程 接合した サイドシル の パネル も、


4455877565 (6)


外側 の パネル が 付くと  アクセス できなくなるので

今のうちに 錆止め を 塗って 処理 しておきまして


錆び止め の 塗装 が 乾いたら、 いざ 合体


4455877565 (9)


先程 接合 した 内側 の パネル の 上に 接合 され

箱状 の 構造 にすることで  強度 を 出していき


見た目こそ  S庭流 ですが、 基本構造は オリジナル 同様 で


etwyetrywetrt (2)


etwyetrywetrt (3)


ゼファー も マーキュリー も  インパラ、も


フレーム車 は ボディ の サイドシル部分 を 

箱状 にして  ボディ 剛性 を 確保 してますので

 
etwyetrywetrt (1)


作り直すので 大変な 手間が かかりますが、  


メーカー 設計 を 忠実に 守り、  しっかり 剛性 確保し

見た目も 出来るだけ よくなるよう 作り直されまして


etwyetrywetrt (4)

ryryueryu.jpg


溶接跡 を 綺麗 に 仕上げたら、 ご覧の通り

かっこいい サイドシル 部分 が 再生 されました


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!



[ 2019/02/02 09:31 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)