FC2ブログ
ホーム > 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * > 1940 LINCOLN ZEPHYR

1940 LINCOLN ZEPHYR



 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から  ボディ マウント化 を 進めてまして


uo;tlugi (1)


運転席側 の A ピラー の 根元、  ドア の 

前ろ側 の ボトム 部分 の 腐り落ちた 部分 を、


新しい 鉄板 で 復元 していき、 


uo;tlugi (2)


運転席側 の B ピラー の 根元、  

ドア の 後ろ側 の ボトム 部分 の 


腐り落ちた 部分 も  新しく 復元 


uo;tlugi (3)


まずは 点付け で 溶接の 際の 熱で 

歪み が 出づらい 手順 で


全て の パネル を 仮組みしたら

 
uo;tlugi (4)


熱影響 を 考慮した 手順 で 全周 溶接。


助手席側 も 同様に 進め、 溶接跡 を 仕上げたら

ここには  サイドシル の パネル を 接合 しますが


uo;tlugi (16)


前から 後ろまで 続く 長い プレート なので


インナー ロッカー に 溶接 して、 この ボトム にも

全周 で 溶接 して 固定すると、  硬くなり過ぎてしまい


uo;tlugi (14)


走行中 の カーブ や、 段差 を 乗り越える際など

ボディ に ねじれる 力が 働いた時には


長い インナー ロッカー と サイドシル 部分 には


uo;tlugi (13)


ねじれる 力が 掛かり、 全周 で 溶接 しておくと

力が 逃げる 部分がなくなり  溶接 が 割れるので


全周 溶接 は 避けて、 スポット 溶接用 の タブ を 製作。


uo;tlugi (5)


ボトム に タブ を 取り付けて、  パネル と 

タブ を スポット 溶接 することで


強度 を あえて 落してあげるように しまして


uo;tlugi (6)


サイドシル を 支える  強度 は じゅうぶん ですが、 


ねじれ で 生じる 力を 逃がす 部分 を 設け

適度 な 硬さの 構造に しておきます
 

uo;tlugi (10)


ボディ 形状 に 合せて、 真ん中 付近 で

角度 が 付く サイドシル 部分 の パネル は


1本物 で 製作 できる 形状 ではないので


uo;tlugi (9)


uo;tlugi (8)


前側、 後ろ側 の 2ピース で 製作 していき


それぞれが 完成 したら、 中央部分 で 接合 し

ボディ に 組み込む前に 1ピース に しまして


uo;tlugi (7)


インナー ロッカー、 各 ピラー の ボトム に

溶接 する 接合面 と、 接合 すると


箱状 になって、 蓋されて 内側 が 触れなくなる 部分は


uo;tlugi (12)


あらかじめ  錆止め を 塗っておき、  

鉄板 が 腐食 しないように しておきまして
 

塗装 が 乾いたら、  次は サイドシル プレート を


uo;tlugi (11)


インナー ロッカー、 各ピラー の ボトム に

接合 する 作業を 進めて いきます


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!



[ 2019/01/30 06:18 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)