FC2ブログ
ホーム > 37 LINCOLN ZEPHYR SEDAN > 1937 ZEPHYR SEDAN

1937 ZEPHYR SEDAN



 1937  ZEPHYR、  4ドア セダン の 

新しい プロジェクト が スタート しまして


シャシー、 機関系、 内外装 一新 の 超 ハードメニュー


gsghf.jpg


年明け から  豊田市 の KS BODY WORKSさん に

作業 を お願いし、 進めて 頂いてまして


KS さんといえば、  メタルワーク職人の 宇田 さんですね

 
1496564083v522s.jpg


KUSTOM CAR を 製作 するには


フレーム や ボディ を 切ったり 貼ったりの 作業 が 

ほぼ 全ての 作業に 絡むので、 溶接 技術 が 命。


M013---IMG_0091.jpg


宇田さん は CHOP TOP や チャネリング、

ボディ カスタム など 難しい 内容 も


長く 沢山 こなしてきてる 職人さん なので

製作 してきた クルマも 凄いクルマ が 沢山

 
m80-IMG_9872.jpg


そんな 宇田さん に ハードメニュー を  キラー パス し


宇田さん からは  「  この 野郎! 得意 の 丸投げ だな 」  

と、 嫌悪感 が 満々 ですが


rhwtrhw.jpg


ZEPHYR セダン は、  430馬力 の LS3 

フューエル インジェクション エンジン に


4速 電子制御 の 4L60E オートマ に 変更し


37339cf09d528bcc41fa2bdd37bc02c1.jpg


フロント フレーム は 80年前 の ビームアクスル から

FATMAN の インディペンド の ステージ4 へ


リア も 板バネ から  トライアングル 4リンク化し 


61GeoD4EhRL__SX425_.jpg


今回 は オーナー の スタイル に 合せて 

エアサス は 組まず、 コイルオーバー 仕様。


車重 や エンジン 重量 も 考慮 したうえで、


0013706_68-81-gm-f-body-9-inch-crate-rearend.jpg


乗り心地 が 良いように、 バネレート まで 

細かく 計算 して  設計 していきます


それも  宇田 さん が ですが、、、、、、、、、、


etyetyqet (1)


デフ は CURRIE に FORD9 デフ に 


サードメンバー、 WILWOOD ブレーキ まで 

組み上げた ASSY を オーダー しまして
 

etyetyqet (4)


フロント ランナー KIT や エアコン KIT、

LS用 の ラジエーター やら 


今回 の プロジェクト で 使用する 大量 の パーツ が


20190131072849e00.jpeg


今日  アメリカ から  KSさん に 到着 しましたが  


KSさん では 部品 が 到着 するまでの 間、

先行 して 分解 作業 が 進められてまして


etyetyqet (5)


フレーム に ボディ が 溶接 されていたり


フェンダー を 外しても、 グリル までの

ボディ が 一体化 されているので 狭かったりで


etyetyqet (3)


なにかと 作業性 が 悪い造りの ZEPHYR なので


フロント フレーム や エンジン スワップ の 際

邪魔 になるので  横からも  作業 が し易いよう、


etyetyqet (2)


予め、 インナー フェンダー を 大きく 切開 し  摘出。


フレーム や エンジン 作業 を 終えたら、 

最後 に 組み戻す やり方と なるようで  


getwyet.jpg


やっぱり、  ここでも 溶接 技術 が 肝 ですね


作業の様子は 宇田さんから 写真 が 届き次第

随時 アップ していきますので、 お楽しみに


VIVA !  KS BODY WORKS !!!!


 

[ 2019/01/31 05:37 ] 37 LINCOLN ZEPHYR SEDAN | トラックバック(-) | コメント(-)