FC2ブログ
ホーム > 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * > 1940 LINCOLN ZEPHYR

1940 LINCOLN ZEPHYR



 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から ボディ マウント を 進めてまして


465652332323454566565 (11)


ひな壇 手前 の ボディ 荷重 を 

フレーム に 伝える 部分 は


腐食 して 腐り落ちているので  再生 となり


465652332323454566565 (12)


465652332323454566565 (23)


使える 部分 と 使えない 部分の 境を 見極めて  

切り落として いきまして


フレーム側 に 付いていた  マウント も 切断 し


465652332323454566565 (24)


ボディ マウント化 した 際 の 形状 を 考え


型紙 を もとに、  鉄板 を 切り出して、 

オリジナル と 同じように  箱状 に していき  

 
465652332323454566565 (25)


ボディ に 接合 した 後に 本溶接 できなくなる 部分 は 

予め 本溶接、 仕上げ を 済ませてから  


ボディ に 接合 して、  再生 と なりまして


wdfwfqwrgqetg (2)


続いて  再生 した A ピラー、 ドア ヒンジ に

ドア を 取り付けて  建付け を 確認 しようと 思ったら


運転席側 だけ  ドア と ヒンジ の クリアランス が 近く


wdfwfqwrgqetg (1)


原因 を 調査 していったら、  うーん、、、、、、


本来  縦 に 真っ直ぐ の はずの ドア が、 

内側 の 途中 で への字 に 折れてまして


wdfwfqwrgqetg (5)


ドア の ボトム 部分 が 腐食 したのを

以前 に 直してる 跡が 見受けられますが 


ドア の 下 の 腐った 部分 は 切り捨てて


wdfwfqwrgqetg (6) 


ドア の 下部分 を 腐食 が 少ない 別のう クルマ から 

切り取ってきて 移植 して 修理 してる ようですが


移植 する際、 真っ直ぐを 出さずに 付けてしまっているので


wdfwfqwrgqetg (3)


見事 に 接合 部分 から  内側 に 曲がってるので

ドアヒンジ に 近くなってまして、、、、


曲がり を 直すため、  溶接 してある 部分 に 


wdfwfqwrgqetg (4)


一度 切り込み を 入れて、  折れ曲がった 部分 を 

真っ直ぐ に 戻すと、 開いて 隙間 が 出来るので


できた 隙間 を 埋める  鉄板 を 切り出し 埋めまして


wdfwfqwrgqetg (12)


ドア の 前後、 両方 とも  への字 に 折れてる 部分 を  

角度 を 修正 して 真っ直ぐ に していきまして


ようやく  正しく ドア を 取り付け 出来るように なりました


wdfwfqwrgqetg (10)


ボディ の 再生、 ボディ マウント化 を 進めていくと


ボディ の 右側、 左側 で 寸法 が 違ってたり

構造 も 違うように 直してあったり と


wdfwfqwrgqetg (11)


いたるところに 過去 の いい加減な 修理跡 が 見つかり

そこも きちんと 直さないと  正しい 寸法 を 出せないという 


” 負の 遺産 の ジレンマ ” と  日々 格闘中。


wdfwfqwrgqetg (7)


作業 する 箇所、 箇所 で  修復 や 加工 以外 に

余計 な 作業 が 発生 するのと


計測 しても 修理跡 の 寸法 誤差 が 酷いので


wdfwfqwrgqetg (8)


「  全然 予定通り 進みません 」  と  S庭 師範 も 

精神的 に 疲れ気味。。。。   早く 冬休みよ 来いー!


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!



[ 2018/12/19 06:01 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)