FC2ブログ
ホーム > 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * > 1940 ZEPHYR 

1940 ZEPHYR 


 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から ボディ マウント を 進めてまして


ghsjgdahsfdtgre (18)


顔周り の 再生、  ボディ マウント化 が 完了 し


続いて、 インナー フェンダー、 ファイヤー ウォール の

荷重 を 受ける  ボディ マウント 製作 へ


gjkdgjdtkdgh (1)


ファイヤー ウォール から  フレーム までを 渡して  

荷重 を 受けさせていた  ブレス は


フロント フレーム を  MUSTANGⅡ化 する際 に


gjkdgjdtkdgh (14)


インナー フェンダー に アッパー アーム が 当たるように

なったので、  切って そのまま に なっていたので


ファイヤー ウォール、  インナー フェンダー それぞれを


gjkdgjdtkdgh (5)


gjkdgjdtkdgh (4)


ダブル で 受けれる  ボディ マウント の 

形状 に デザイン し、  型紙 を とりまして


鉄板 を 切り出して  ボディ マウント の ブラケット、

 
gjkdgjdtkdgh (6)


鉄板 に  ナット を 溶接 し、 フレーム に 埋め込む

ボディ マウント ボルト の 受け を 製作。


さらに  ブラケット を 補強 する  サイド の リブ も 切り出し


gjkdgjdtkdgh (7)


gjkdgjdtkdgh (8)


ブラケット の 側面 に 溶接 し 補強。


全周 溶接 し、  溶接跡 を 仕上げたら

ボディ マウント の ブラケット が 完成


gjkdgjdtkdgh (9)


gjkdgjdtkdgh (10)


マウント ボルト が 取付される 位置 を 割出し


フレーム の 上面 を 切り欠いて、 ナット を 溶接 した

ナット プレート を 埋め込みまして


gjkdgjdtkdgh (11)


ブラケット は、  切られていた  ブレス の 


インナー フェンダー側、ファイヤー ウォール側 の 

切断面 に ぴたりと はめ込み  連結 されて

 
gjkdgjdtkdgh (12)


インナー フェンダー の 強度 が 上がりますし

側面 の リブ は、 ブレス に 接合 すると


あたかも オリジナル っぽく 見える 形状 に 

作れれているのが  よく 解ります


gjkdgjdtkdgh (13)


インナー フェンダー の 荷重、  ファイヤー ウォール、 

A ピラー からの 荷重 を しっかり 受け止め


フレーム オフ する際 も、 容易 に 切り離し が

出来る ボディ マウント 構造 に なりまして


gjkdgjdtkdgh (15)


続いて  フェンダー と  インナー フェンダー を

接続 する ブレス の 組み戻しへ


ここの ブレス も  MUSTANGⅡ化 に 伴い


gjkdgjdtkdgh (16)


接続 する 先 が 無くなり、 切りっ放し に なっていたのと


インナー フェンダー の ルーバー を 再生 する 際、 

板金 作業 の 邪魔 に なるので  一度 摘出 しまして


gjkdgjdtkdgh (19)


ボディ マウント が 完成 したので、 それに 合せて

ここの ブレス も 組み戻し していきます


上側 は フェンダー の 耳 に スポット 溶接 されていたので


gjkdgjdtkdgh (22)


スポット を 揉んで 取り外し しましたが、  


その部分 は 腐食 が あったので  

新しい 鉄板 を 切り出し、  再生 へ


gjkdgjdtkdgh (17)


鉄板 に 穴 を 開けたら、  フェンダー に 溶接 し

溶接跡 を 綺麗 に 仕上げたら


溶接 したら 塗れなくなる 部分 に 先 に  錆び止め を 塗り


gjkdgjdtkdgh (18)


ブレス も 錆 を 落として  錆止め を 塗っておきまして


インナー フェンダー は  ルーバー を 再生 し、 

アーチ も  MUSTANGⅡ に 合せて 作り直してあるので


gjkdgjdtkdgh (20)


新しい インナー フェンダー 形状 に 合うように

ブレス の 末端 を 切り詰め、  長さ を 調整。


長さ を 合わせたら、  新しい 鉄板 で 再生 した 


gjkdgjdtkdgh (21)


フェンダー の 淵 の 穴 を 使い、  オリジナル の

スポット 溶接風 に  接合 していきまして


インナー フェンダー にも  スポット 溶接。


gjkdgjdtkdgh (23)


これで フェンダー、 インナー フェンダー を 接合 する 

部分 が 増えたので ボディ 剛性 も 格段 に 上がりまして


やっと フロント ボディ の ボディ マウント化 が 完了

 
gjkdgjdtkdgh (24)


チリ や 建付け を 合せてた  フロント ボディ は

もう 動いたり、  狂うこと も 無くなったので


張り巡らした 治具 も  撤去 できるように なりました


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!



[ 2018/12/09 05:34 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)