FC2ブログ
ホーム > 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * > 1940 LINCOLN ZEPHYR

1940 LINCOLN ZEPHYR



 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から ボディ マウント を 進めてまして


ghsjgdahsfdtgre (11)


ghsjgdahsfdtgre (10)


フレーム に 固定 する、 ボディ マウント が 完成 し


グリル や フード、  フェンダー との 建付け や

チリ合わせ して  組み戻された 下あご 部分 は 


ghsjgdahsfdtgre (12)


側面 を  ボディ マウント の すぐ 近く の 


インナー フェンダー と 接合 して 固定 されましたが

内側 の 折り返して 強度 を 出してる  耳部分 も


ghsjgdahsfdtgre (13)


インナー フェンダー との 隙間 に 合せて  

型紙 を とって  鉄板 を 切り出して


耳部分 と  同じ 角度 に 折り曲げたら 


ghsjgdahsfdtgre (14)


下あご と  インナーフェンダー と 接合 し

裏耳 部分 の リブ 再生 も 完了。  


さらに 強度 も 上がり、 がちがち に 固くなりました 

 
ghsjgdahsfdtgre (5)


フロント ボディ の 再生 が 終り、  強度 も 復活 したので


各部 の 位置 が ずれないように 入れてあった

治具 の 鋼材 も 少しづつ  撤去 されていきまして


ghsjgdahsfdtgre (16)


フェンダー を 取り付ける ボルト が ある 部分 の 

位置 も 強度 も 決まったので


腐食 して 無くなってたり、 ネジ山 が 傷んでたりした


ghsjgdahsfdtgre (17)


フェンダー を 取り付ける  ボルト が ささる  

ナット 部分 も 新しい モノ を 取り付けて いきます


古い アメリカ車 の 外装 を 止める ボルト の 受けは


ghsjgdahsfdtgre (6)


ナット を 裏から 取り付けるのは  手が 入らなかったり
 
作業 が しづらいので、  


あらかじめ、 ボディパネル に 溶接 されていることが 多く


ghsjgdahsfdtgre (7)


工具 を 掛けなくても  回ってしまわず、 かつ

ボルト を 入れても、 チリ合わせ で 多少 動くよう


ナット を 囲むような 箱状 に なっているので、 

”  ケージ ナット ”  という  名称 の 物が 使われてて


ghsjgdahsfdtgre (8)


ケージナット を ボディ パネル に 溶接 できるよう

溶接しろ として、 耳部分 が 付いています


高い 位置 の ナット などは、 腐食 することなく

オリジナル の 物が まだ 生きているので 


ghsjgdahsfdtgre (9)


腐食 して 使えなくなった 部分 を 新しく するので


新旧 の ネジ種類 が 混在 して しまわないよう

1940 ZEPHYR の オリジナル と 同じ ネジピッチ の


ghsjgdahsfdtgre (18)


ケージナット を 取り寄せて、 フェンダー側 の 穴位置 に 合わせ

インナー フェンダー の 内側 に ケージナット を 組み付けまして


まずは フロント ボディ の 再生、  ボディ マウント化 が 完了 です


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!



[ 2018/11/21 05:47 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)